アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第2節 アーセナル VS エバートン】 4-1-4-1布陣のままで

プレミアリーグ】2014.8.24
アーセナル 2 - 2 エバートン(H) (グディソン・パーク

【得点】
19' 0-1 シーマス コールマン
45’ 0-2 スティーブン ネイスミス
83' 1-2 アーロン ラムジー
90' 2-2 オリビエ ジルー

【スタッツ】
ポゼッション 54%-46%
枠内シュート 3-2
枠外シュート 10-6

ドイツ勢、エジルメルテザッカーが今季初出場。
エジルは左サイドに入り、右にチェンバレン。TOPにサンチェス。
CL予選で怪我したアルテタに代わりフラミニという布陣。
コシェールニーはCL予選を見越してか名を連ねず。

さて、エジルが戻ってきたら、元の4-2-3-1に戻すかもと思っていたが
この試合も4-1-4-1。

f:id:tsuda929:20140825122139j:plain

 

前半は完全にエバートンペースで、右サイドに入ったルカクにかき回さる。
先日のデンバ・バといいやっぱり身体能系のアフリカ勢FWは苦手だな。

しかし後半、TOPをジルーに変えてからはアーセナルペースで、
攻撃の手段は多彩ではないもののゴールへ徐々に迫っていく。ただゴール出来ない。
終盤ウィルシャーカソルラに変えて、ようやく'83に1点を返し、
モンレアルのクロスから'90にジルーのヘッドでついに同点。

なんとか勝ち点1を拾った。
この布陣はまだ機能してないけどしばらくは使うのか?!
アルテタじゃないとボールの散らしも微妙だったし、
ウィルシャーラムジーも連動性がそこまで見られない。。。

やっぱりエジルはトップ下で見たいし、ウィルシャー優先なのか
出場機会のないロシツキーも見たい。
この試合も欠場のポドルスキーは移籍しちゃうの?なんとか残ってほしい。

広告を非表示にする