読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第5節 アーセナル VS アストンヴィラ】 エジルの光明とウェルベックの兆し。

プレミアリーグ】2014.9.20
アーセナル 3 - 0 アストンヴィラ(H) (ヴィラ・パーク)

【得点】
33' 1-0 メスト エジル
34' 2-0 ダニー ウェルベック
36' 3-0 GO(アリ シソコ)


【スタッツ】
ポゼッション 71%-29%
枠内シュート 3-2
枠外シュート 6-4

ウィルシャーとサンチェスをカソルラチェンバレンに交替。
サンチェスは直前に不調を訴えたため、チェンバレン急遽変わったようだ。
そして右サイドはCLデビューを果たしたベジェリンではなく、チェンバース。
布陣は4-1-4-1。だが、大きな違いはエジルがサイドではなく
インサイドハーフに入ったこと。
そして両サイドカソルラチェンバレンもやや内寄りでプレーしていた印象。

 

f:id:tsuda929:20140922193913j:plain

 

4試合で3勝1分けと好調のアストンヴィラ
その好調さを裏付けるようにセットプレーから決定機作る。シチェスニーがなんとか防ぐ。
そして、前半33分。一気に爆発する。
33分、ウェルベックからスルーパスエジルが抜け出し先制弾!
その1分後、今度はラムジーからエジルへのパスで左サイドをえぐって
エジルからキーパーとDFの間に正確なクロス。
それをウェルベックが移籍後初ゴールを決める!
さらにその2分後にはギブスのクロスボールをシソコがクリアミスしてオウンゴール
怒涛の攻撃で一気にゲームを決めた!

後半はアストンヴィラがボールを奪いに来ないので
省エネモードでモールを保持しリスクは追わずボールを回す。
正直相手が出てこないので攻める必要もなく
ただただ時間だけが過ぎていき、そのまま試合終了。実に退屈な後半でした。

この試合の光明は、インサイドハーフエジルが光り輝いたこと。
ウェルベックが得点したこと。
両サイドが若干内寄りでプレーして、両サイドバックがオーバーラップが見られたこと。
まだアンカーのアルテタ一人というのは気にはなるし、
セットプレーの守備には課題が残るが、今後に期待のできる展開でした。

次節は9.28トッテナム戦。

広告を非表示にする