アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第8節 アーセナル VS ハル・シティ】 失った勝ち点2

プレミアリーグ】10.18
アーセナル(H) 2 - 2 ハル・シティエミレーツ・スタジアム

【得点】
13' 1-1 アレクシス サンチェス
17' 0-1 モハメド ディアム
46' 1-2 アベル エルナンデス
90' 2-2 ダニー ウェルベック

【スタッツ】
ポゼッション 67%-33%
枠内シュート 9-4
枠外シュート 15-0

怪我のエジルに代わってチェンバレン、コシェールニーに代わってモンレアルがCB、
累積で欠場のチェンバースに代わってCLドルトムント戦でTOPチームデビューしたベジェリンが右SB
SBが本職のモンレアルのCBなんて緊急事態もいいところ。不安しかない。
フォーメーションは、4-2-3-1だが、カソルラウィルシャーはフレキシブに動いていたので
もしかしたら、基本はカソルラが下がり目だったかも…

f:id:tsuda929:20141024195524j:plain

試合はサンチェスの個人技で先制したものの、
直後カウンターから4人のDFをぶち抜かれてすぐ取り返され、

後半早々これまた人数いるのにメルテザッカー
エルナンデスに前に入られヘディング合わされあっさり失点。

そこからようやくスイッチを入れて攻めまくるもなかなか決めきれずに、
徐々に焦りが見えて、シュートミスも散見。
逆にカウンターで危ういシーンもあったがそれは防ぐ。

このまま痛い敗戦かと思われたアディショナルタイムに、
この日随所にいいドリブル方の飛び出しをしていたサンチェスが
ドリブルを仕掛けて、ウェルベックへパス。
それをファーストタッチでシュートコースへトラップし、そのままシュート。
なんとも劇的な同点弾。
その後も逆転せんと攻めたが、特すでに遅しでそのまま試合終了。

劇的弾で負けずにすんでよかったのだが、
やっぱり勝ち点2を失ったといった方が正しいゲームであった。

途中交代のラムジーとキャンベルもあまり効果的ではなく、
今シーズンは選手交代が機能していない。交代枠も1つ残したしね。

これで次節サンダーランド戦、次々節バーンリー戦、次々々節スウォンジー
この3試合は絶対に勝たねばならない。
ここで勝ち点9をとれないようなことがあれば、
早くも今シーズンの終わりを告げかねない。

広告を非表示にする