読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第10節 アーセナル VS バーンリー】 おかえりなさい、ウォルコット

プレミアリーグ】2014.11.2
アーセナル(H) 3 - 0 バーンリー (エミレーツ・スタジアム

【得点】
70' 1-0 アレクシス サンチェス
72' 2-0 チェンバース
90' 3-0 アレクシス サンチェス

【スタッツ】
ポゼッション 68%-32%
枠内シュート 19-4
枠外シュート 12-2

未勝利で最下位のバーンリーとの対戦。
ミッドウィークのCLに向けて、楽な展開に持ち込みたいこの試合。
前節のサンダーランド戦と同じ布陣で挑んだ。
ただしこの日はサンチェスが真ん中でプレーする時間が長く
カソルラがワイドの時間が長かった。

 

f:id:tsuda929:20141106202216j:plain

ゲームは圧倒的に支配するもなかなか得点を決められない。
前節同様攻撃の連動性が少なく単調になっている。
なんともイライラする展開である。

それでも70分にサンチェスが珍しく頭で決めて先制すると
その直後にCKからのこぼれ球をチェンバースが押し込んで、移籍後初ゴール!!

そしてこの日一番の盛り上がり、ウォルコット投入!!
おかえりウォルコット待ってたよ。
10分間だったとはいえプレーも問題なくウォルコットらしい動きをしていて一安心。

そして90分にサンチェスがもう1点決めて、快勝!

結果としては解消だが、シュート31本で枠内12本、CKは実に18本。
ボール支配率は68%。この内容で70分まで点が取れないというのは厳しい。
このあたりが上位チームとの差なんだと痛感。
このままのサンチェス頼みをなんとかしないとヤバいかもね。

 

広告を非表示にする