読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CL Group D 第4節 アーセナル VS アンデルレヒト】 3点差追いつかれ落胆のドロー

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ 】2014.11.5
アーセナル(H) 2 - 1 アンデルレヒトエミレーツ・スタジアム

【得点】
25' 1-0 ミケル・アルテタ
29', 2-0 A. サンチェス
58', 3-0 A. オクスレイド・チェンバレン
61' 3-1 A. バンデン・ボーア
73' 3-2 A. バンデン・ボーア
90' 3-3 A. ミトロビッチ

【スタッツ】
ポゼッション 61% - 39%
枠内シュート 11 - 6
枠外シュート 7 - 5

勝てばGL勝ち抜けがほぼ決まる試合、
首位通過を狙うためには勝ち点3が必要なこの試合は、
11.2のバーンリー戦から フラミニラムジーに代えて挑んだ。

f:id:tsuda929:20141106210359j:plain

先に結論から言うと3-0リードから3点返されるとか落胆しかない。
前半は完ぺきな展開だった。前半だけない快勝!
後半も58分のチェンバレンのゴールは見事だった!

後半1点取られてアルテタがけがを訴えて、フラミニに交代してから
チームが変わってしまった。(この1点もオフサイドだったけど・・・)

中央でパスがさばけなくなり、前線へなかなかボールを運べなくなり、
そこをプレスでボールを奪われ、攻め込まれる。この繰り返しの挙句、PK取られるし
ポドルスキーロシツキー投入するも、中盤が機能してないから
ボール繋げないから2人もほとんど絡めない。
そして90分に…。

これだけ長い時間ペース握られて、それを解消できないとは・・・。
ウェルベックも消える時間がだんだん増えてきたね。
疲労もあるだろうけど、速攻時の走り込み方はイマイチとしか。

あぁ、とにかく落胆したよ。
これで首位通過が厳しくなったことは間違いなく、
つまりは、決勝トーナメントが厳しくなったことを意味する。