読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第13節 アーセナル VS ウェストブロム】 コシェルニーの復帰とジルー・ウェルベックの併用

プレミアリーグ】11.29
アーセナル (A)2-0 ウェストブロムホーソンズ)

【得点】
60' 1 - 0 ウェルベック

【スタッツ】
ポゼッション 52% - 48%
枠内シュート 5 - 1
枠外シュート 11 - 8

ミッドウィークのCLからチェンバレンOUT→ジルーIN
ギブスOUT→コシェルニーINでモンレアル左SBへ
ということでまずはコシェルニーが復帰。もう名前があるだけで安心感が違う。
そしてジルーとウェルベックを併用。ジルーをトップにウェルベックをウィングに。
立ち上がりこそ左サイドにいたウェルベックだが、
そうそうに右ウィングの位置に移動し併用が機能することを示した。 

f:id:tsuda929:20141201091248j:plain

前半はなかなか攻撃が機能せず、相手ミスから決定機をもらうも決めきれず無得点。
失点する気配はないがなかなか攻め手がなくフラストレーションのたまる展開に。
その嫌な流れを変えたのがウェルベック
後半15分、左サイドをひとりフェイントで縦に抜けだしたカソルラ
クロスを上げると、ウェルベックがどんぴしゃヘッドで先制

その後は押し込まれる部分もあったがなんとか凌いで完封。
若干相手の決定力の無さに助けられた感は否めないが、
コシェルニーの復帰戦を完封で勝ったのは素晴らしい。

またポゼッション優先ではなく、速攻をある程度意識できていたことも
これまでとは違った戦い方になっていた。
CLの戦い方がいい方向に作用したかな。

これでメルテザッカーが競り勝ち、コシェルニーがカバーするという
役割が明確になったCBコンビ。ある程度は守備の安定が期待できそう。
しかし、結果でいうと相手に9本シュートを打たしている。
こういう展開であれば5本程度に抑える守備をしておかないと
決定力のあるチームは失点してしまうリスクが高い。

ただいま6位。このあたりは混戦なのできっちり勝ち点を積み上げておきたい。
そして2位マンチェスター・シティにこれ以上差をつけられないように追いかけたい。

広告を非表示にする