読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第15節 アーセナル VS ストークス・シティ】 コシェルニーのいない守備陣、崩壊。

プレミアリーグ】12.7
アーセナル (A)2-3 ストークス・シティ( ブリタニア・スタジアム)

【得点】
1' 0 - 1 クラウチ
35’ 0 - 2 ボージャン
45’ 0 - 3 ウォルターズ
68' 1 - 3 サンティ カソルラ
70' 2 - 3 アーロン ラムジー

【スタッツ】
ポゼッション 57% - 43%
枠内シュート 6 - 4
枠外シュート 11 - 10

12.4のサウサンプト戦から、ウェルベックOUTでジルーIN
守備陣は復帰したばかりのコシェルニーがベンチでチェンバースがCBで
右DFにベジェリンを起用。なんとも若い右側。

f:id:tsuda929:20141209190155j:plain

そんな不安がいきなり現実のものとなる。
キックオフからわずか20秒、左サイドからセンタリングを上げられ、
チェンバースがクリアし損ね、クラウチに押し込まれ先制を許す。
リーダーとなるべきメルテザッカーの緩慢なプレーも要因か?!
その後もクラウチの高さと、ボージャンにかき回され劣勢が続き、
35分、今度はニアにはしってきたボージャンにあざやかなボレーを決められる。
これもメルテザッカーが簡単にマークを外しているのが要因。

悪夢はまだ続き、45分にCKからのクラウチの落としに反応した
ウォルターズに決められて、前半だけでまさかの3失点

後半、ベジェリンに代えてウェルベックを投入し、フラミニサイドバックにして
チェンバレンボランチに配置換えして巻き返しをはかる。

そして56分、敵陣でボールを奪ったサンチェスが華麗なステップでDFをかわし、
さらにGKもかわしたが、シュートはポスト直撃で得点できず。
そして65分にボージャンに切り込まれてシュートを決められる。。。がこれは
シュートコースにいたデューフがオフサイドの判定で難を逃れる。
そしてようやく68分にフラミニが得た微妙なPKをカソルラが返し1点返す
さらに70分にCKから大外のラムジーが見事なボレーでさらに1点返す!!
そしてこれから一気に逆転という流れの中、チャンバースが2枚めのイエローで退場
それでも必死に攻撃を仕掛けるも、昨日はしておらず、単発の攻撃ははじかれ、
焦りからかミスも目立ち、そのまま試合終了。痛い、痛すぎる敗戦となりました。

先制点を許し、逆転ムードでの退場したCBチェンバースが敗因となったわけだが、
それをカバーできないメルテザッカーの対応の方が重傷な気がする。
コシェルニーがいると、守備陣を引っ張ってくれるが、
コシェルニーがいないとほんとバラバラ。リーダー不在。
これでは勝てない。
ホントに守備をなんとかしないとどうにもならんよ、ベンゲルさん。

広告を非表示にする