読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第16節 アーセナル VS ニューカッスル】 CBドュビッシーと右SBベジェリンの躍動

プレミアリーグ】12.14
アーセナル (H)4-1 ニューカッスルエミレーツ・スタジアム

【得点】
15’ 1 - 0 オリビエ ジルー
54’ 2 - 0 サンティ カソルラ
58’ 3 - 0 オリビエ ジルー
63’ 3 - 1 アヨゼ ペレス
89’ 4 - 1 サンティ カソルラ

【スタッツ】
ポゼッション 51% - 49%
枠内シュート 4 - 4
枠外シュート 13 - 6

前線は12.7のストークス戦から怪我のラムジーOUT、ウェルベックINで
守備陣は怪我人続出で、ドュビッシーを右CBに回して、
右SBに若いベジェリンを起用。 GKはシチェスニーが復帰。
前節チェルシーを破ったニューカッスル相手に、
守備陣が心配極まりないメンバーである。

f:id:tsuda929:20141215124833p:plain

序盤から積極的に攻めるアーセナルは、前半15分、ベジェリンのインターセプトから
サンチェスのクロスを走り込んだジルーがヘッドで合わせて先制
とにかく心配極まりない守備陣ゆえ、この先制点は大きかった。
そして後半、54分にカソルラがたてに仕掛け、
サンチェスのパスを見事に浮かせ気味にシュート
さらに58分に、ベジェリンの縦への切り込みから、
ジルーがニアで左足のアウトサイドで合わせて追加点
その後1点を返されるが、終盤に逆にPKを獲得し4-1で勝利。
守備陣が心配されたが、見事な勝利、快勝である。
先制点の後の前半34分にFKから決定機を
シチェスニーが2本連続で止めたのが結果手には
ゲームの流れを離さずに快勝につながった。

ここのところ精度を欠いていたカソルラが見事な2得点。
年齢的な衰えを払しょくする活躍。そして若いベジェリンの躍動。ジルーの決定機。
ニューカッスルがなかなか中盤で落ち着かなかったおかげで
守備のもろさを疲れなくてよかった。
ただし守備陣は次節リバプール戦も不安極まりない。

広告を非表示にする