アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ3回戦 アーセナル VS ハルシティー】 サンチェスの存在感とキャンベルの存在意義

FAカップ】2015.1.4
アーセナル (H)2-0 ハルシティー(エミレーツスタジアム

【得点】
20' 1 - 0 メルテザッカー
82' 2 - 0 サンチェス

【スタッツ】
ポゼッション 54% - 46%
枠内シュート 7 - 3
枠外シュート 10 - 6

FAカップの3回戦=初戦は、若干メンバーを落として挑んだ。
(が、ハルの方がメンバーを落としてきた。)
CBにチェンバース、右SBにベジェリンを起用。
中盤もキャンベルを起用し、右サイドには怪我明けのウォルコットが入った。
布陣は4-3-3と表現するか、4-1-4-1と表現するかは微妙だが
下図のような並び。

 

f:id:tsuda929:20150106074140p:plain

試合はCKからメルテザッカーが頭で合わせてあっさり先制
その後も何度か決定機を作るも決めきれなかったが、ハルの攻撃は
ボールを奪ってからのカウンター一本だったので、脅かされることなく前半終了。

後半、早めに追加点あげて楽な展開にしたいところだが、
なかなか追加点を取れない。
それでも87分にカソルラがDFを3人引き寄せて、中央のサンチェスへパス。
それを受けて右足でゴール右隅にゴール。やっぱりサンチェスである。

そしてそのまま試合終了。

良かった選手
→サンチェス・カソルラチェンバレン(76'~)

悪かった選手
→キャンベル・ウォルコット・コクラン

ウォルコットはまだ状態が上がってきていないのだろう。
そして今や主力のサンチェスとのコンビネーションがまだまだといったところか。
キャンベルは残念ながらまだまだ。
コクランはあの両足タックル(イエローですんだ)をみれば
危なくて使えないし、アルテタ・フラミニがいればまだ出番はないだろう。

広告を非表示にする