読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第21節 アーセナル VS ストーク・シティ】 快勝。そしてジルー出場停止明け&エジル、ラムジーの復帰。

プレミアリーグ】2015.1.11
アーセナル (H)3-0 ストーク・シティエミレーツ・スタジアム

【得点】
6’ - コシェルニー
33’ - サンチェス
49’ - サンチェス

【スタッツ】
ポゼッション 54% - 46%
枠内シュート 6 - 2
枠外シュート 8 - 5

1.1のサウサンプト戦から、シチェスニー、ギブス、チェンバースOUT
オスピナ、ジルー、モンレアルIN。
ジルーは出場停止明け。
オスピナは、問題行動(ロッカーでの喫煙)のシチェスニーの代わり。
怪我明けのエジルと、ラムジー、そして復帰したばかりのウォルコットもベンチスタート。
布陣は4-3-3というか、4-1-4-1というかは人それぞれか?!
ゲーム中は、ロシツキーカソルラボランチと中央を入れ替わってた感じ。

f:id:tsuda929:20150113130355p:plain

開始早々攻勢に出るアーセナル。GKベゴビッチに止められ、
1か月の前の悪夢がよみがえるかと思いきや、6分に
CKの流れから、サンチェスのクロスにコシェルニーがヘッドで先制!

10分にアクシデント発生。右SBのドュビッシーが看板にあたって脱臼
早々にベジェリンと交代となった。

その後もチャンスを作り、33分、サンチェスがワンツーで抜け出し、
中へ切替してニアにシュート。追加点を挙げる。

後半も、49分にサンチェスがFKを壁の下を抜く見事なシュートで追加点
3-0とゲームをものにした。
こうなると復帰のエジルや、ラムジーウォルコットあたりを見たいところ。
と思ってたら、ウォルコットエジルが投入された。
その後決定的なチャンスがウォルコットに出たが、焦りからか、シュートは完全に枠を外した。
ウォルコットはまだまだ試合勘が戻ってない感じ。
早く1点取って平常心でプレーしてほしい。
エジルも試運転という感じで見せ場は特になし。

それでもしっかりゲームを締めて、3-0の快勝である!
やっぱりジルーがいるとボールが収まるので流れができる。

これで5位。4位マンUとは1ポイント差、3位のサウサンプトンとは3ポイント差。
怪我人の復帰で、明るい兆しもあるので是が非でも3位までは行きたいところ。

 

広告を非表示にする