アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ4回戦 アーセナル VS ブライトン】 サッカーが好きな人はロシツキーが好き!

FAカップ4回戦 アーセナル VS ブライトン】 サッカーが好きな人はロシツキーが好き!

FAカップ】1.25
アーセナル(A) 3-2 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン(The American Express Community Stadium)

【得点】 時間 得点者
2' 1 - 0 ウォルコット 2' 1 - 0 ウォルコット
24’ 2 - 0 エジル 24’ 2 - 0 エジル
50’ 2 - 1 Grady 50’ 2 - 1 Grady
59’ 3 - 1 ロシツキー 59’ 3 - 1 ロシツキー
75’ 3 - 2 Baldock 75’ 3 - 2 Baldock

【スタッツ】

(スタッツ不明)
※スタッツ情報お持ちの方、ご一報ください。

メンバーは18日のマンC戦から大きく変えて、
サンチェス、カソルラメルテザッカーに休息を与え、
怪我明けのエジルウォルコットラムジーがスタメンに入った。

f:id:tsuda929:20150129143008p:plain

FAカップ4回戦でブライトンと対戦し、ロシツキーの活躍などで3ー2で勝利を収めた。

その前日のチェルシーマンチェスター・シティサウサンプトン
相次いで敗退する波乱が続いたため嫌な流れではあったが、
しっかりと勝ち抜け、5回戦進出を決めた。

試合は、開始2分にウォルコットが、24分にエジルが得点を決めて
主導権を握りつつの展開。

50分に1点返されるものの59分にロシツキーがダイレクトボレーを決めて再び2点差
その後75分にスルーパスを通されて1点決められるも、そのまま危なげなく逃げ切り。

得点差ほどの接戦ではなく、危なげなく勝ったという感じでした。

この日目立ったのは、ロシツキー
ボレーでのゴールもさることながら、
エジルの得点へつながる中央からの縦へのスルーパス
随所で見せたドリブルで相手を翻弄していた。

それ以外では、ウォルコットのトラップからシュートまでの早さ
スピードはもちろんなのだが、はやりウォルコットの良さはここだと思う。
悪い方でいうと、リードした時にうまくペースダウンができないこと。
つまり、ペースダウンすると最終ラインから前線に繋げないこと。
フラミニとコクランがDMFに並んだあとはより顕著になった。
やはりこの位置に前線にパスを共有できる人勢が欠かせない。

ともかくFA杯は波乱のおかげで一気に優勝が近づいたので、
ここはしっかり優勝を目指したい。
5回戦の相手は、ミドルスブラ

 

広告を非表示にする