読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CL決勝T 1回戦2ndレグ アーセナル VS モナコ】 完ぺきな勝利と3失点のつけ。

チャンピオンズリーグ

【CL】3.17
アーセナル(A) 1-3 モナコエミレーツ・スタジアム

【得点】
36’ 1 - 0 ジルー
79’ 2 - 0 ラムジー

【スタッツ】
ポゼッション 62% - 38%
枠内シュート 7 - 0
枠外シュート 9 - 3

 

1stレグの雪辱メンバー

ホームの1stレグを1-3で敗れ、3点が必須なアーセナル
3.14ウェストハム戦からはチェンバース、ラムジーウォルコットOUT
ベジェリン、カソルラウェルベックIN。
2.25のモナコ1stレグからはギブスをモンレアルに代えただけ。
1stレグの雪辱を同じメンバーに託した形だ。

f:id:tsuda929:20150318215940p:plain

【前半】可能性を残した前半

試合は予想に反して、モナコが序盤とどめを刺さんと攻め込んできたが、

そのを乗り切ると、徐々にペースをつかんでいく。
そして36分。ウェルベックのスルーパスを受けて前を向いたジルーが放った
シュートは飛び出したGKに止めらるも、再びジルーにはねかえってきて、
再びシュート。見事に決まってまず1点!

その後もチャンスを作ったが得点は上げられず前半終了。
先制後の時間帯が一気に決めるポイントだったが、42分の
サンチェスのシミュレーションをとられたイエローカード
浮足立ってたモナコを落ち着かせる役目を果たしてしまった。

【後半】奇跡の大逆転?!

後半も果敢に攻め込むが得点は入らず、
ラムジーウォルコットを投入して打開を図る。
そして79分、モンレアルの飛び出しからのクロスをウォルコットがシュート!
これがポストに嫌われるも、クリアミスを奪ったラムジーが決めて、2-0に!
これでトータル3-3(しかしアウェイゴール差で負けている)
まだ10分有。奇跡の大逆転の予感がひしひしとしてくる。

しかしここからチャンスが作りきれず、さすがにアーセナルも慌てだし、
放り込むもボールを奪われ時間だけが過ぎていく。

そして無上のホイッスル。
スタッツを見ても、相手に枠内シュートすら打たさずに、
完ぺきな勝利だったわけだが、
結局1stレグの最後の3失点目が大きくのしかかった結果となった。

あとは、3枚目の交代カードはギブスであったが、
ここにロシツキーが使えてたら、攻撃のバリエーションで
流れを変えるかできたと思うと残念。ロシツキーは病気明けでメンバー外)

やはり悔やんでも悔やみきれない1stレグの3失点であった。
あぁ、5シーズン連続のベスト16敗退。

 


1stレグはこちら↓

arsenal2014.hatenablog.com