読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第30節 アーセナル VS ニューカッスル・ユナイテッド】 油断と疲労と勝ち点3。前半快勝、後半ぐずぐず。

プレミアリーグ】3.21
アーセナル(A) 2-1 ニューカッスル・ユナイテッドセント・ジェームズ・パーク

【得点】
24’ 1 - 0 ジルー
28’ 2 - 0 ジルー
48’ 2 - 1 シソコ

【スタッツ】
ポゼッション 49% - 51%
枠内シュート 3 - 4
枠外シュート 4 - 12

エジル2か月ぶりの欠場

3.17モナコ戦から、エジル、ベジェリン、メルテザッカーOUT
ラムジー、チェンバース、ガブリエルIN
過密日程のためサンチェスを外すかと思いきやこの日もスタメン。
エジルは怪我明けでスタメン復帰してから約2か月ぶりの休息。
(ただし病欠だったという情報も…)
相性のいいニューカッスル相手だったけにもう少しメンバーを
いじるかと思いきや、そこまではいじらずに挑んだ。

f:id:tsuda929:20150323130212p:plain

 【前半】ジルーまた決めた

CLモナコ戦の疲労と、ニューカッスル相手という油断とどう対するかという
一戦は、いい感じでゲームに入った。

そして24分にFKからウェルベックの落としをジルーが反応して膝でゴール!
これでジルーはプレミア5試合連続ゴール。
さらに28分に今度はCKからジルーが頭でゴール!
通算でも今シーズン13ゴール。序盤欠場で、PK蹴らずでこの数字は見事だね。

【後半】ずるずるディフェンス再び

しかし後半、流れは一遍。
恐らくCLからの疲労と、2得点からの気の緩みでニューカッスルに流れを
持って行かれると、シソコに一点返され、いつもの後手後手ディフェンスで
何度も侵入をゆるし、何とか防いでも、無意味なクリアでボールキープできずに
ニューカッスルペースは続く。

途中で、さすがにサンチェスとカソルラ交替で、ロシツキーフラミニが入るも
流れは全く変わらず、ずるずる下がるディフェンスで防戦一方。
それもなんとかオスピナのセーブでかわして続けてなんとかそのまま試合終了。

【戦評】ともかくリーグ戦6連勝!

スタッツも見てのとおりひどい有様で、
後半ほとんど決定機を作ることもできなかった。

それでも勝ち点3をゲットできたのはよかったけど。

それにしてもチェンバースは、前節に引き続き裏取られ過ぎだし、
終盤のディフェンシブなフラミニ投入も全く効果がなかった。
最後の1枚でベジェリン投入したのもチェンバースとの位置関係微妙だし
相変わらず守りきるのが上手くない。

ともかくリーグ戦6連勝! 
4週間で8試合という過密日程を乗り切り、
インターナショナル・ブレイクのあとは、アウェーじゃなくて
ホームでリヴァプール戦。

 

広告を非表示にする