アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第32節 アーセナル VS バーンリーFC】 リスクを減らして勝ち点3をきっちり奪取。

プレミアリーグ】4.11
アーセナル(A) 1-0 バーンリーFC(ターフ ムア)

【得点】
12' 1 - 0 ラムジー

【スタッツ】
ポゼッション 68% - 32%
枠内シュート 5 - 4
枠外シュート 12 - 4

快勝した先週4.4リバプール戦と同じメンバー
1か月以上スタメンがないギブスやウォルコットを使ってくるかとも思ったが
全く同じメンバーであった。まぁ日程に余裕があるので問題はないのだが、
ウォルコットに関しては去就が心配になってしまうわけで…

 

f:id:tsuda929:20150413180003j:plain

前半

試合は予想通り序盤からペースを握った。
そして12分にコクランのカットからサンチェスへ、中へ切り込んでシュート、
ブロックされると、左サイドのエジルがシュート、それのこぼれ球をサンチェスが
再びシュート、これも止められるが、最後はラムジーが決める!
まさに波状攻撃で先制点をもぎ取った!

しかしここからなかなか追加点を奪えない展開。
前節と違ってボールをつないでこないので、プレスでカットしてからの展開
という流れがないため、ルーズボールの競り合いが続き
なかなかいい形が続かない。

後半

後半もボールは持てるが、決定機を作れない展開。
終始、バーンリーはしぶとい守備で圧力をかけてきて、
ボールを回せられて、CBに戻したところを執拗なプレス。
仕方なくGKに戻して、ロングボールで蹴りだす。
こんなやりきれない展開で時間だけが過ぎていく。

それでも、途中でベジェリンが股抜きされ突破されて、
危うい場面はあったが、それ以外は危なげない展開。
終盤バーンリーの足が止まって、攻めの時間が増えたが、
多くのリスクを負わない攻撃でとどめ、きっちり勝ち点3を奪取。

戦評

なにから大人な戦術で、勝ち点3をしっかり獲得した。
メディアでは手こずったという見方が多かったが、
無理をしなかったというの方が近いのではないか。
ジルーの連続得点は6試合で止まったけど、チームはプレミア8連勝!

ただ、CB(とくにメルテザッカー)に戻した時にGKに戻されることが多く、
CBからコクラン、カソルラへと繋ぐ本数を増やさないと
今後強豪相手だと厳しくなると感じる。

これで首位チェルシーとは7ポイント差。
さすがにチェルシーは遠いが、5位とも差をつけることができて、
CL圏内確保がほぼ確実に。

来週のFAカップレディング戦を挟んで、いよいと首位チェルシーとの対戦。
ここでチェルシーに勝利し、一泡吹かせて、わずかでも可能性を残したい!
それが2位のチームのやるべきこと!熱き戦いを期待しよう!

 

広告を非表示にする