読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第35節 アーセナル VS スウォンジー・シティ】 まさかのシーズンダブル食らう。

プレミアリーグ】5.11
アーセナル(H) 0-1 スウォンジー・シティエミレーツ・スタジアム

【得点】
85 0 - 1 ゴミス

【スタッツ】
ポゼッション 68% - 32%
枠内シュート 9 - 3
枠外シュート 14 - 5

5戦連続同一スタメン。

プレミア5試合同じスタメンで挑むスウォンジー戦。 
流れがいいし、このスケジュールだと代える必要はないが、 
ウォルコットやギブス、ロシツキーあたりは拗ねちゃいそう。 

 

f:id:tsuda929:20150506181110p:plain

前半:スローペースのまま時間だけが過ぎていく。

序盤からとにかく引き気味のスウォンジーに対して主導権をつかむが、
スペースを消されて、思うようにチャンスを作れないまま時間だけが過ぎていく。
枠内シュートすら打てないまま、前半が終了。完全にスウォンジーのプラン通り。

後半:立ちはだかるファビアンスキーと一瞬の隙。

しかし後半は、同じく主導権を握るが、緩急を付けて少しずつアイデア
増やしていきペナルティエリア付近でのチャンスを作っていく。

さらに67分 コクラン→ウィルシャー投入。69分 ジルー→ウォルコット投入。
で打開を図る。
ラムジーボランチへ、ウィルシャーは右。ウォルコットはそのままCFへ)

そこからさらに怒涛の攻勢をかけ、何度か決定機を作るが、
そこに立ちはだかるのは、元アーセナルのGKファビアンスキーである。
ファインセーブをしたというよりも、なぜかシュートが正面に行く。
なんだかボールが吸い寄せられている?!

そして得点の匂いしかしなくなってきた85分にまさかの事態に。
右サイドから上げられたクロスは大きすぎたが、逆サイドで拾われて再びクロス。
ここでゴミスにヘディングで押し込まれての失点
逆サイドに行ったときに、メルテザッカーとコシェルニー中に絞ったことで、
ファーサイドのゴミスのマークがモンレアルになってしまったことが要因。
人数をかけた攻撃でなかっただから、スペースではなく人につくべきである。

結局その後もゴールを奪うことはできずに、まさかの敗戦

戦評:ふわっとやられる一瞬の隙。それがチェルシーとの差。

プレミアでは2.7トッテナム戦以来の敗戦。
スウォンジーには、今シーズンまさかのダブルを許した。
スタッツを見ても、シュート23本で枠内9本。負ける要素はない。
あの時間帯は完全ペースをつかんで、ほぼ100%アーセナルの攻撃に
なっていた時間で、そんな時間の、ふとした反撃にふわっとやられた。
確かに守備陣の集中力が難しい状態ではあるが、これをやられていては、
今シーズンの2位。また来シーズンの優勝も厳しくなるわけで、
そこがチェルシーとの差といわざるを得ないだろう。

そして気になるのがウォルコット
ほんとにゴールが遠い。ここのところは途中出場ではあるが、
いいシュートも放ってはいるがポストに阻まれたりしていて、ほんとに決まらない。
この日の決定機もGK正面。1本決まれば、ケチャップ ドバっと出る気はするんで、
早く1点欲しいところ。

ともかく次節は、5.17アウェイでマンU
これで負けたら2位どころか4位危機なのでしっかり勝ってもらいましょう!

広告を非表示にする