アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ最終節 アーセナル VS ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン】 ケッチャプドバっと出て最終戦を快勝!CLストレートインだ!!

プレミアリーグ】5.24
アーセナル(H) 4-1 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンエミレーツ・スタジアム

【得点】
4' 1 - 0 ウォルコット
14' 2 - 0 ウォルコット
17' 3 - 0 ウィルシャー
37’ 4 - 0 ウォルコット
57’ 4 - 1 マコーリー

【スタッツ】
ポゼッション 61% - 39%
枠内シュート 13 - 5
枠外シュート 11 - 9

FAカップ決勝をにらんで!

ミッドウィークのサンダーランド戦から3枚交替。
ジルー、ラムジー、コシェルニーOUT、ウォルコット、コクラン、ガブリエルIN
ウォルコットのCFスタメンは、今季初!(3.14は右サイドで先発)
ガブリエルは3.21以来のスタメン。
怪我明けのチェンバレンはベンチから。

f:id:tsuda929:20150527181135p:plain

 

前半:ウォルコット大暴れ。ケチャップ出た~。

開始早々、ペースをつかむと、われらがウォルコットが大爆発。
PA右側から豪快なシュートを見事なコースに突き刺してあっさり先制!
14分にはゴール中央でこぼれ球を拾うと、うまくかわして追加点
17分にはCKからこぼれ球をガブリエルが落としたところをウィルシャー
豪快ボレー!スーパーゴールが右隅に突き刺さった。
そして37分、三度ウォルコットカソルラの折り返しに詰めて
前半だけでハットトリック達成!!
5.17マンU戦のゴールはO.Gになったが、あのゴールで
解き放たれたウォルコットがスタメン起用に応えて大爆発。
見事にアーセナルの連動性がゴールを演出した!

後半:前半で決まった試合にありがちな・・・

前半大量点を獲ったときにはありがちな展開で
ペースを落として、57分に1点か返されて、その後は点が入らない。
その後もお互い何度かチャンスを演出するも決まらない。
終盤に代わって入ったラムジーが違いを見せつけ
決定機を何度もつくるも、ポスト、GKに阻まれ得点はできず、
結局4-1で試合終了。

最終節快勝で締め、最終順位は3位。見事CL本戦ストレートインを決めた。

戦評:サンダーランド戦のうっぷん晴らす4得点で快勝

得点が入る時はこんなもんで、4分の先制で一気に試合を決めた。
最初の得点で連動性が稼働し始めた印象
最初のウォルコットのゴールも、ウィルシャーのボレーも、スーパーゴール。
5.20のサンダーランド戦で攻めまくって入らなかった得点が、こうも決まるとは。
前半の開始10分の入り方の重要性を改めて実感。

ただし後半の守備はちょっといただけなかった。
結果としては1点のみだったが、これだけポゼッションしている中で
決定機を何度も与えていたのは事実で、シュートも最終14本打たれている。
このポゼッションしている展開で10本以内に抑えないと、
こちらのシュートが決まれない展開の時に何かが起きてしまう。
この取りこぼしのリスクを減らさないとチェルシーとの差は縮まらないだろう。

ともかく最終節に素晴らしいアーセナルのサッカーを見れて、
最終的には3位が確定した。
3位、つまりCL本戦ストレートインを見事に決めた。
前半戦の戦いを考えると悪くはない順位だが、
首位争いを全くしていないので、そこは来シーズンの課題ですね。
そして来シーズン久々のCLストレートインなので、
そのあたりの調整は、ここ数年より楽になるかな?!

さあ、次はFA杯決勝だ!連覇へ!

 

▼2014-15シーズンの最終順位表、順位推移はこちら↓

arsenal2014.hatenablog.com

広告を非表示にする