読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第4節 アーセナル VS ニューカッスル】 なんとも低調な攻撃だけど負けることはないという試合で勝点3ゲット。

結果・スタッツ


プレミアリーグ】2015.8.29
アーセナル(A) 1-0 ニューカッスル(セントジェームスパーク)


【得点】
52’ 1 - 0 O.G(チェンバレン


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20150831202707p:plain

 

 CFウォルコットラムジートップ下はカソルラの信頼の表れ!?

f:id:tsuda929:20150831202830p:plain


前節からまさかのCB3選手交替。
チェンバース → コシェルニー
ジルー → ウォルコット(CF)
エジル → チェンバレン(右SH)

コシェルニーが復帰も、エジルが膝の軽い負傷ということで離脱し
代わりにチェンバレンが右SHに入り、トップ下にはラムジーを配置。
カソルラではなくラムジーを置いたのは、カソルラボランチが優先か?!
CFは前節無得点のジルーに代わってウォルコットを起用。

 

前半

試合開始から攻め込むアーセナル
16分にいきなり試合決定ずけられる。
ニューカッスルミトロビッチがコクランを踏みつけて、一発red
完全にアーセナルの一方的な展開になったが、
完全に引く相手に、形を作れず、得点を奪えない。
これは、どっかで聞いた”アーセナルは10人になると勝てない”が
頭をよぎるなんだか嫌な展開。

 

後半


後半も嫌な流れかと思ったが、カソルララムジーがポジションを
変えるとリズムが出てきて、 ついに52分。
カソルラのシュートがディフレクトして、拾ったラムジーが豪快ミドル。
GKクルルに防がれるも拾ったチェンバレンがシュート。
わずかに枠をそれていたが、足を出したコロッチーニ
当たってゴールに吸い込まれる!

これで波に乗れると思いきや、ゲームは試合するも追加点は奪えず、
ウォルコット→ジルー、チェンバレン→アルテタ といれて、
やや流れはよくなるも、追加点は奪えない。
ただし相手には一切攻撃をさせずリスクはないまま安心しながらの試合終了。

 

戦評:連動性に欠ける単調な攻撃。


終わってみれば、レッド1枚イエロー6枚をもらうという凄い試合。
怪我がなくてよかったと心から思うよ。
ただ試合としては、ボールは持つけど決定機を生み出す回数は少ない。
エジルがいないことで球離れがよくなく、連動した攻撃ができていなかった。
チェンバレンもサンチェスも連動性に欠ける攻撃が多くて、
ウォルコットも、両サイドバックも活かすことができなかった。
やっぱりウォルコットはSHで使った方がいいなぁ。
攻撃ではカソルラがトップ下に上がって流れが良くなったのが救いかな。

守備ではガブリエルがスピードがあって、危なげなくて使えるめどが立ったかな。
メルテザッカーが肺の病気ってことで不安だったがこれで大丈夫そうだ。

なんだか単調な攻撃ばかりで不安極まりない今シーズンだが、
マンC以外はどこもつまずいてるので、なんとかここからコンディションあげて
早めに上位を確保しておきたい。

次節、まだ勝のないストークシティとホームで対戦。そろそろ快勝を!

 

 

 

facebookもよろしく↓

広告を非表示にする