アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第5節 アーセナル VS ストーク・シティ】 FW(1TOP)はどっちだ!ウォルコット、ジルー揃いぶみ!

結果・スタッツ

プレミアリーグ】2015.9.12
アーセナル(H)  2 - 0  ストーク・シティエミレーツ・スタジアム


【得点】
13' 1 - 0 ウォルコット
85' 2 - 0 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20150914124511p:plain

 

 

1TOPはジルーではなく、ウォルコット

f:id:tsuda929:20150914125108p:plain

各国での代表選明けのこの試合。前節から2選手交替。
チェンバレン → エジル
膝の軽傷から復帰したエジルがトップ下
前節トップ下に入ったラムジーが右SHに復帰した。
1TOPはジルーではなく、この日もウォルコット
代表で得点したウォルコットとブーイングを浴びたジルー。
そんな結果もスタメンに影響したようだ。

 

前半

試合は序盤から支配し、前半3分にはカソルラのクロスのサンチェスが
頭で合わせるもポストに嫌われ、ウォルコットも詰め切れない。
8分にもサンチェスはポストに嫌われ、チャンスは作れど決まらない展開。
そんな今シーズンよく見た展開にやきもきし始めた31分。
コクランが自陣内でボールをインターセプト。これをエジルがロングパスで
中央のウォルコットへ。それを見事にトラップしシュート
見事なカウンターで先制点をたたき出した!

 

後半

後半に入ってもゲームを支配し、追加点に迫るもこれまで決めきれない。
終盤3枚を途中交代。
ウォルコット→ジルー、エジル→アルテタ、サンチェス→チェンバレン

すると85分にチェンバレンがもらったファールからのFKをカソルラ
ゴール前にあげて、それがドンピシャでジルーがヘッドで待望の追加点
その後も攻めたが、そのまま2-0で試合終了 

 

戦評:FW2点決めるも決定力が問われる

その日も支配率69%、シュート29本(枠内12本)
一方的に攻めはしたが、ストークにも9本(枠内4本)打たれていた。
今週の日程を考えると、もっと早く点を取って楽にゲームを進めたかったが、
この日もチャンスは作るが決めきれない展開だった。

それを打ち破ったのはウォルコット
CF起用には懐疑的ではあるが、ニューカッスルほど
べた引きではなかったにもあって、何度も動き出しをして
パスコースを作っていたので、前節よりは存在感を示していた。

途中で入ったジルーも最初のチャンスは逃したが、
きっちり得点を決めたし、これから2人があがっていけば
違いスタイルでの攻撃を見せることができる。

ともあれこれで、ジルーが今シーズン2点目でチーム得点王!
オウンゴールに並んだ?!

まだまだ決めきれない展開はあるが、それでも2-0で勝ち。
これからに期待できる結果である。

さぁ、これから16(水)のCLグループリーグ初戦からの19(土)のチェルシー戦。
23(水)のトッテナム戦に26(土)レスター戦、さらに29(火)のCLオリンピアコス
と怒涛の様な日程をどう切り抜けていくか。
1TOPだけでな、チェンバレン、アルテタあたりの使い方もポイントになりそうだ。

  

 

facebookもよろしく↓

広告を非表示にする