アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第6節 アーセナル VS チェルシー】 悪童コスタVS優等生コシェルニーは、ガブリエルの負け。

結果・スタッツ

プレミアリーグ】2015.9.19
アーセナル(A) 0-2 チェルシースタンフォードブリッジ)

【得点】
0 - 1 ズマ
0 - 2 アザール

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20150923173511p:plain

 

ベストメンバーでチェルシーに挑む。

f:id:tsuda929:20150923173621p:plain


ターンオーバー制にしたミッドウィークのCLから6枚変えて
9.12のストーク戦と同じベストメンバーに戻した。
Gkはチェフはアーセナルのゴールを守る。

CLでまさかの敗戦後なので、是が非でも結果を出して
このあとの流れを取り戻したい一戦。
調子がイマイチとは言え、牙城チェルシーをどう崩すか?!

試合経過

序盤から激しい攻防を繰り広げる。
しかしいずれも決定機を掴むことなく前半終了と思われた時に事件が。
D・コスタのコシェルニーへの非紳士的行為にガブリエルが激高し、
両者イエロー。その後も口論が続いて最終的にはガブリエルにレッド
まさかの2試合連続の10人での戦いを強いられた。

これが完全にゲームのバランスが崩れ、後半そうそう、セスクのFKに
ズマが頭で決めて失点。
さらに終盤にはカソルラが2枚目のイエローで退場。
これで試合は完全に決したが、アディショナルタイムにはアザール
決められて万事休す。
大事な一戦で退場者を出すという失態で敗退。

 

戦評:悪童vs優等生

この試合はガブリエルの退場に尽きる。
それまでが両者拮抗した戦いをしていただけに悔やまれる。
退場に関しては、悪童コスタが仕掛けた罠に、優等生コシェルニーは
スルーしたが、ガブリエルがおもっきり引っかかったという感じか。
両者にイエローが出た時点で誰かがしっかり諌めにいかないと
行けなかったのだが、今のアーセナルにそこまでのキャプテンシーを持った
人材がいなかったのである。こういう時に響くね。

もうこう言うビッグマッチにこういった戦評を書いてること自体腹立たしい。
ただ、まさかマンCが破れて差が開かなかったのが唯一の救い。

 

 

facebookもよろしく↓

広告を非表示にする