アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【キャピタルワンカップ3回戦 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 ロンドンダービーはフラミニ劇場!

結果・スタッツ

【キャピタルワンカップ】2015.9.23
アーセナル(A) 2-1 トテナム・ホットスパーホワイト・ハート・レーン


【得点】
26’ 1 - 0 フラミニ
56’ 1 - 1 (O.G) チェンバース
78’ 2 - 1 フラミニ

【スタッツ】
(不明)ご存知の方ご一報ください。

 

ロンドンダービーは、ローテーションで10枚交替。

f:id:tsuda929:20150925193803p:plain


キャピタルワンカップの3回戦で早くもロンドンダービー。
若手育成の点からも
9.19のチェルシー戦からラムジーを除く10枚交替
これまで先発のチェンスが少なかったメンバーが名を連ねた。
メルテザッカー感染症からの復帰

 

試合経過

試合は拮抗した展開で始まった。 

それでも26分、チェンバレンミドルシュートをGKが弾いたところを
フラミニが詰めて先制。(なぜそこにフラミニがいたんだ?!)

後半はトッテナムのペースで、シャドリが左サイドを抜け出し
早いクロスを入れると、チェンバースに当たってゴールへ。O.Gで同点
さらに66分にはケインのボレーがゴールに迫るも、ギブスが掻き出し
なんとか均衡を保つ。

ここでサンチェスを投入して打開を図ると一気にアーセナルペースになり
78分に相手のクリアボールをPA外からフラミニがダイレクトでボレー
これが見事にゴールに突き刺さり勝ち越し。
このまま試合終了!4回戦へとコマを進めた。

 

戦評:まさかのフラミニとサンチェスの存在感。

決していい展開ではなく、なんどもゴールを脅かされたし、
ダニーローズにアーセナルの右サイド(キャンベル・ドュビッシーサイド)を
崩されていた。イエローももらいまくって嫌な展開だった。
チェンバレン、キャンベルが連携性に欠けていたし、
中盤のアルテタもくさび役が機能していなかったので
個人技以外攻撃の手立てもなかった。

それを打破したのが、一度は戦力外と言われたフラミニ
先制点はなぜあのタイミングでジルーより前に詰めていたのかわからないが
見事な嗅覚で詰めていたのが功を奏した。
(まぁそれが理由で昨シーズンも途中で守備固めに入ったのに
持ち場離れまくっていたわけだが、、、)

2点目は見事!
あのタイミングで思い切ったシュートを選択できたことが全て。
レギュラーメンバーに活を入れるようなスーパーゴールでした。

あとはサンチェス。67分に投入されてすべてが一変した。
これまで存在感を出せずにいたラムジーが躍動し始め、
何度も決定機を生み出した。

ともかくこれで4回戦進出。

 

 

facebookもよろしく↓

広告を非表示にする