アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第7節 アーセナル VS レスター・シティ】 サンチェス祭りで5発快勝!

プレミアリーグ】2015.9.26
アーセナル(A) 5-2 レスター・シティ(King Power Stadium)

【得点】
13’ 0 - 1 バーディー
18’ 1 - 1 ウォルコット
33’ 2 - 1 サンチェス
57’ 3 - 1 サンチェス
81’ 4 - 1 サンチェス
89’ 4 - 2 バーディー
90’ 5 - 2 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20150927220515p:plain

コクラン不在はフラミニに託す。

f:id:tsuda929:20150928155801p:plain


ローテーションした9.23キャピタルワンカップから8枚替え。
前節9.19チェルシー戦からは2枚替え。
・ガブリエル(出場停止) → メルテザッカー
・コクラン(怪我)→フラミニ
フラミニはキャピタルワンで結果を残し抜擢。
メルテザッカーはキャピタルワンで感染症からの復帰。

(途中交代)
フラミニ → アルテタ(21分)
ラムジー → チェンバレン(77分)
ウォルコット → ジルー(80分)

 

試合経過

試合は序盤から打ち合いとなり、13分にいきなりメルテザッカー
背後を取られて、バーディーに決められる。
しかし、今度は16分エジルからのパスに抜け出したウォルコット
右足で流し込み同点
さらに33分にベジェリン>エジル>ベジェリンのワンツーで
右サイドを抜け出し、ウォルコットがニアで潰されるも
こぼれたところをサンチェスが押し込み勝ち越し
サンチェスは待望の今シーズン初得点。
後半に入りレスターはフォーメーションを変えるもアーセナルの勢いは
変わらず、57分にエジルの浮き球スルーにサンチェスが頭で決める
さらに81分にはサンチェスがスローンから1人交わして豪快ミドル
見事ハットトリック達成。
終盤、守備の意識の薄くなったところを突かれバーディーに2点目を献上するも
アディショナルタイムジルーが左足で決めて、試合終了。

 

戦評:打ち合いの試合はサンチェス祭りに!

壮絶な打ち合いは、アーセナルに軍配。
先制を許した時はヤバイと思ったが、すぐさまウォルコットが取り返し、 
落ち着きを取り戻せたのが良かった。 

その後はサンチェス祭り。見事にコンディションを戻してきた。
しかし守備では、コクラン不在もあってメルテザッカーの裏狙われまくりで
中盤も簡単にスペース与えるし、まだまだ課題もある。
アルテタも試合感がまだ戻らないのか残念ながらボールさばきが遅くて、
中盤と前線でのくさび役になれていない。
それでもCL、チェルシー戦の嫌な流れを払拭するには意味ある勝利。

またもやミッドウィークにCLがあるが、この勢いを持ち込みたいところ。
さらには週末にマンU戦も控えているので、勢いを大事にしたい。

 

 

facebookもよろしく↓

広告を非表示にする