アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第12節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 やはり打ち合いとなったノースロンドンダービーはドロー。

結果・スタッツ


プレミアリーグ】2015.11.8
アーセナル(H) 1 - 1 トテナム・ホットスパーエミレーツ・スタジアム


【得点】
32’ 0 - 1 ケイン
77’ 1 - 1 ギブス

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20151110220225p:plain

 

 コシェルニー復帰でバイエルン戦を払拭できるか?!

f:id:tsuda929:20151110220315p:plain

11.4のバイエルン戦からコシェルニーが怪我から復帰。
ガブリエル → コシェルニー

ベジェリンは間に合わず。
右SHにはまたもやキャンベルを起用

(交替)
カソルラ → フラミニ(46分)
・ キャンベル → ギブス(74分)
・ ドゥビッシー → アルテタ(77分)

 

試合経過

試合開始直後から激しい攻防。
これぞノースロンドンダービーというべき両チーム攻撃的でスピード感ある展開
32分、先制点はアーセナルオフサイドをかけ損ね、ケインが抜け出しゴール。

反撃をしたいアーセナルは、後半開始と同時にカソルラフラミニに交替
(この交替は理解に苦しんだが、カソルラの体調が思わしくなかったようだ)

徐々にアーセナルがペースをつかみ、決定機を幾度か迎えるも得点できない。
が、ついに77分。エジルのクロスを代わったばかりのギブスが押し込んで同点!

その後も、攻撃的な両チームだったが、そのまま1−1で試合終了。

 

戦評:ハズレなしのノースロンドンダービー。そしてエジル

やっぱりノースロンドンダービーは面白い!
相変わらずの攻撃合戦で攻守の交代が早く、見ててわくわくする。
結果としては1-1ドローで残念ではあるが、悪くない結果である。

ギブスのゴールは交代直後に見事に決めてくれた。
ギブスは今シーズンは中盤起用もあったが、勝ちゲームの終盤の守備強化であり
得点が欲しい場面での投入はなかった。
怪我人続出で選択肢がなく、やむなくのギブス投入たったが、
見事に結果を出してくれた。

そしてそのアシストはまたもやエジルである。
なんと、プレミアリーグ6試合連続でアシストである。
これはプレミアリーグ史上、初めての記録らしい。
さらには、開幕11戦で10アシストもプレミア初!
もうエジルが止まらない。

勝てる可能性のあった試合であったから残念だが、
怪我人続出の中でのノースロンドンダービーを引き分けで
終えたことは、悪いことではないだろう。
幸いマンCも引き分けてたし。

 

facebookもよろしく↓

 

 

広告を非表示にする