アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第14節 アーセナル VS ノリッジ】 ノリッジ相手にドローだし、怪我人続出で緊急事態。

 結果・スタッツ

プレミアリーグ】2015.11.29
アーセナル(A) 1 - 1 ノリッジ(キャロウ・ロード)

【得点】
30' 1 - 0 エジル
43’ 1 - 1 グラバン

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20151201103948p:plain

 

 

 ラムジースタメン復帰で右SH起用。ボランチカソルラフラミニ

11.24のCLディナモザグレブ戦から1枚交替。
キャンベル → ラムジー

ラムジーボランチに入れて、右SHにキャンベルを起用するかと思ったが、
ベンゲルは守備のバランスを重視してフラミニボランチラムジーを右SHに起用した。

(交替)
・ コシェルニー → ガブリエル(11分)
・ サンチェス → キャンベル(60分)
ラムジーチェンバレン(72分)

 

試合経過

いきなり負傷からは始まった。
コシェルニーが腰を蹴られて負傷交代。ガブリエルが入った。
それでもゲームを試合して、30分に相手GKからのボールを奪うと、
エジルが抜け出し技ありループでゴールを決めた。
ディナモザグレブ戦に続いての連続ゴールである。
しかし、43分に中央からグラバン決められ同点にされる。

そして後半、嫌な流れは続く。
サンチェスがハムストリングを痛め交替。キャンベルが入る。
ついに一番恐れていたサンチェスの怪我という代償を…

試合も運動量の落ちないノリッジと足の止まったアーセナルという展開で、
結局得点を奪えないまま、1-1で試合終了。

 

戦評:怪我人続出の試合は、チャンス作りきれずドロー。

やはりCLに挟まれた下位との試合は難しい
後半はもう足動いてなかったし、ボールは持ってたけど
完全にノリッジペースになってた。枠内3本だとこうなるね。

しかし、ドローという結果より怪我人が出たというのがもっとも痛い。
コシェルニーは腰を負傷し、サンチェスはハムストリング。
そしてカソルラは、試合終了までプレーはしたが、
蹴られた膝の状態はよくないらしい。
序盤の今年は怪我人が少ないという期待から一転、
ほんとに野戦病院化してきた。

チェンバレンが帰ってきてくれたことが唯一の救いで、
サンチェス、カソルラアウトなら次節は、
恐らくボランチラムジーフラミニが入り、
右SHにキャンベル、中央エジル、左SHチェンバンレ、もしくは、
右SHチェンバレン、中央エジル、左SHギブス になるだろう。

とにかくサンチェス、カソルラ欠けるときついぞ。

 

facebookもよろしく↓

 

広告を非表示にする