アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第15節 アーセナル VS サンダーランド】 怪我人続出で、カソルラ、サンチェスいなくてもエキサイティングな攻撃サッカーで快勝。

結果・スタッツ

プレミアリーグ】2015.12.5
アーセナル(H) 3 - 1 サンダーランドエミレーツ・スタジアム


【得点】
33' 1 - 0 キャンベル
45' 1 - 1 O.G(ジルー)
63' 2 - 1 ジルー
90' 3 - 1 ラムジー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20151207140914p:plain

 

 

カソルラ・サンチェスの抜けた穴は誰が補う?!

f:id:tsuda929:20151207140943p:plain


11.29のノリッジ戦から怪我のカソルラ、サンチェスの2枚交替。
サンチェス → チェンバレン
カソルラ → キャンベル

ほぼ予想通りの布陣。
ラムジーボランチに入り、右SHキャンベル、左SHチェンバレンが入った。
コシェルニーは出場が危うかったが元気にスタメンで起用された。


(交替)
チェンバレン → ギブス(64分)
・ キャンベル → ウォルコット(76分)
・ ジルー → チェンバース(80分)

 

試合経過

負傷者続出のアーセナル。ここ3試合勝ちきれてない中で
是が非でも勝って勝ち点を積み上げた試合。

アーセナルがボールを保持し、サンダーランドがカウンターで仕掛ける展開。
33分、中央のエジルのスルーパスにキャンベルが決めて先制!
またもやエジルの左足から得点をアシスト。

45分、1-0で前半を折り返せると思ったが、
左サイドからのFKをジルーがクリアしきれずオウンゴール
後半も同じような展開の中、63分。
左サイドからラムジーがクロス、それをジルーが頭で押し込んで勝ち越し

その後何度か決定機を作られるもチェフが死守し、
仕上げはアディショナルタイムラムジーが押し込んで勝負あり。

結果は3-1の快勝ながら、危うい試合でした。

 

戦評:エジル、チェフの存在感。ラムジーをいいとこ悪いとこ

とにかく負傷者続出の負のスパイラルを払拭するために
勝たなければならなかったゲームに見事勝利。

そんな中でやはり目立っていたのが、エジル
カソルラ、サンチェスがいないなかでどれだけ連携がかみ合うかが、
ポイントだったが、キャンベルへのスルーなんて見事。
身体をサイドのモンレアルに向けてからの、縦へのスルーは完ぺきだ!
その部分も含めて、キャンベルとチェンバレンの位置を入れ替えてから
いろいろとうまくいき始めた気がする。

それと良くも悪くもラムジー
攻撃においては、独創性と縦への推進力で存在感を出した。
ただ守備では攻撃に出た穴をつかれるので、中盤を簡単に利用され、
幾度となく決定機を作られてしまっていた。
そのサポートがいまはフラミニなので、不安すぎる。

もう一人、われらが守護神チェフ その人である。
開始早々の1対1やフレッチャーに押し込まれそうになった場面、
モンレアルの近距離バック胸トラップパスなど、
ほんとに冷静に、着実に止めてくれる。まさに守護神。

ただ途中交代は微妙すぎたね。
とくにチェンバースをいれて、ウォルコットをFWにしたとき、
当然ボランチの位置に入って、ラムジーが右SHかと思いきや、
どうやら右SHにチェンバースが入っていた。
この采配はよくわからない。確かに中央でラムジーが生き生きしていた
とは思うが、ラムジーが終盤でもガンガン前に出ていくので、
中盤にスペースを与えてしまっていた。
最後試合を決める得点を挙げたシーンも、ウォルコット、ギブス、
チェンバース、ラムジーがボックス内で絡んでの得点。
正直あの時間帯で、あれだけ前に圧力かける必要は…。
まぁ良くも悪くも、、、これがアーセナルだ!

 

 

facebookもよろしく↓

 

広告を非表示にする