読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第17節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 2位3位対決を制す!ウォルコット、ジルーそろい踏み!

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2015.12.21
アーセナル(H) 2 - 1 マンチェスター・シティエミレーツ・スタジアム

【得点】
33’ 1 - 0 ウォルコット
45’ 2 - 0 ジルー
82’ 2 - 1 ヤヤトゥーレ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20151222212144p:plain

 

2位3位対決にサンチェス間に合わず、アグエロは復帰。

 

f:id:tsuda929:20151222213954p:plain


12.13のヴィラ戦と同じメンバー。
この日も右SHにキャンベル、左にウォルコットの布陣。
大事な2位3位対決には、サンチェス間に合わず。
今できる限りのベストメンバーで挑む。

 

(交替) 

・ キャンベル → ギブス(70分)
エジルチェンバレン(76分)
ウォルコット → チェンバース(88分)

 

 

■試合経過


試合は予想通り激しく始まる。
サイドバックが引き気味で決定機どころかシュートも打てないアーセナル

そんな中33分に試合が動く。
左サイドでボールを持ったウォルコットが中に切り込んで、PAの外から
右足一閃。見事にゴール右隅に吸い込まれた!

さらに前半終了間際、
高い位置で奪ったアーセナルが速攻。エジルがジルーにスルーパス
これをきっちり決めて追加点。

後半はより攻撃的になったシティに対して、何度か決定機を掴むが決めきれない。
そして82分にヤヤトゥーレに技ありインサイドキックゴールを決められる。
それでもなんとか逃げ切り、上位対決に見事勝利。


■戦評:ポゼッション捨てての高速パスカウンター。馴染んできてる。

大一番に勝った!価値ある勝ち点3ゲット。
ポゼッションできなくても気にしない。
しっかり守って早くパスカウンターで攻める!

正直序盤はシティペース。
両サイドを埋められ、スペースを与えてもらえず両サイドバックがあがれない。
シルバ、ヤヤトゥーレ、デブルネイにうまく縦パスが入ってて
明らかにペースを握られていた。

そんななかウォルコットがやってくれた!
チームとしてのファーストシュートをゴールに結びつけた。
左サイドから切り込んでもシュートとかアンリかと思ったぞ!

あいかわらずエジルはキレッキレだし、
キャンベルも日に日にフィットしてきてるし、
チェフは抜群の安定感を与えてくれる。

気になったのはこの日はラムジーが乗り切れてなくて
何度かあった決定機を逃したり、パスミスしてたりしてた。

そして、1点返されたとたんの、相変わらずの終盤のゴタゴタ
これもアーセナルらしいといってしまえばそうなのだが、
ゲームのクロージングはモウリーニョあたりに教えてもらった方がいいなw 

とにかく大一番を勝ったぞー!!
上位対決に全く勝てなかった昨シーンはもう昔の話さ。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする