読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第20節 アーセナル VS ニューカッスル】 2連連続CBのゴールで勝ち点3ゲット。


■結果・スタッツ


プレミアリーグ】2016.1.2
アーセナル(A) 1 - 0 ニューカッスルエミレーツ・スタジアム

【得点】 (分) (得点者)
72’ 1 - 0 コシェルニー 72 1 - 0 コシェルニー


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160103214744p:plain

 ■ローテーションから3枚戻す

 12.28のボーンマス戦から3枚交代。

チェンバース → フラミニ
ギブス → モンレアル
ガブリエル → コシェルニー

前節、過密日程の中、4枚ローテーションさせてが、
チェンバレンはそのまま残り、3枚は交代となった。


(交替)
チェンバレン → キャンベル(68分)
ウォルコット → ギブス(81分)
・ ジルー → チェンバース(89分)

■試合経過

試合序盤に怒涛の攻撃を見せるも得点を奪うことはできず、
そこからは、お互い責め合うも決定機を作れず、前半はスコアレス。

後半に入っても膠着状態が続き、嫌な空気がなれ始めるが、
72分にCKからの混戦からコシェルニーが落ち込み先制

終盤ラムジーに決定機がくるも決めきれない。
それでもそのまま試合終了。
なかなかに厳しいゲームできっちり勝ち点3をゲットした。


■戦評:厳しいゲームで勝ち点3を死守

実にもやもやするゲームだった。
チェフがいなかったら、相手の決定力が少しあったら、、、

それでもこうやって勝ち点3を積み上げることができたことが素晴しい。
こういうゲームでカソルラがいないことでボールを散らす人が不在で、
ボールロストも多く、相手に何度となく決定機を与えてしまっていた。

ローテーションからスタメンに残ったチェンバレンは、
前半こそ存在感を出したが、後半は失速気味。
クロスのミスも何本か有り、このあたりがまだまだ課題だろう。

CKの混戦で存在感は示したが、ジルーは少し疲れが残ってるね。
ここらで1回休ませて、TOPにウォルコットでもいいかもね。

何はともあれ、2016年1戦目をきっりち
勝ち切ったことに大きな意味がある。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする