読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ3回戦 アーセナル VS サンダーランド】 エジルがいなくても、THIS IS Arsenal

FAカップ・キャピタルワンカップ

■結果・スタッツ

FAカップ】2016.1.9
アーセナル(H) 3 - 1 サンダーランドエミレーツ・スタジアム


【得点】
17’ 0 - 1 レンス
25’ 1 - 1 キャンベル
72’ 2 - 1 ラムジー
75’ 3 - 1 ジルー


【スタッツ】

(不明)

 

 

エジルラムジーに休息を。

f:id:tsuda929:20160111220516j:plain



ニューカッスル戦から5枚入れ替え。
メルテザッカー → ガブリエル
モンレアル → ギブス
フラミニ → チェンバース
ラムジー → イウォビ
エジル → キャンベル

TOP下にはウォルコットが入り、
若手からイウォビが抜擢。


(交替)
・ イウォビ → ラムジー(67分)
・ チェンバース → アルテタ(81分)
・ キャンベル → アデレード(81分)

■試合経過

試合序盤からペースをつかむが、17分にコシェルニーのミスから失点。
しかし、25分にウォルコットのクロスにキャンベルのボレーで同点。
その後も流れはつかむが得点を奪えない。
しかし、交代でラムジーが入るや否や、
ベジェリンからのクロスをそのラムジーが決めて勝ち越し。
さらに75分にはまたもベジェリンからの今度はジルーヘ。3点目。
そのまま危なげなく試合終了。

■戦評:ローテーション組の躍動と違いを見せつけたベジェリン。

見事な勝利。
ベジェリン、キャンベルが最高の仕事。
ローテーション組のチェンバレン、チェンバース、イウォビ、ガブリエル、ギブス
が、それぞれ存在感を示した。
チェンバレンは相変わらず最後の最後でポストに嫌われてるが、
やはり縦への推進力はさすが。
若手から抜擢されたイウォビもなかなかの動きで何度かチャンスメイク。
コシェルニーが何度かミスして、うち一回を失点にしてしまったのが
気になるところではあるが、快勝である!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ