読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第21節 アーセナル VS リヴァプール】 先制されるも打ち合い制してドローで勝点2落とす。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.1.13 

アーセナル(A) 3 - 3 リヴァプールアンフィールド

【得点】
10’ 0 - 1 フィルミーノ
14’ 1 - 1 ラムジー
19’ 1 - 2 フィルミーノ
25’ 2 - 2 ジルー
55’ 3 - 2 ジルー
90’ 3 - 3 アレン
’ -

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160115130044p:plain

 

■ローテーション明けのベスト布陣

f:id:tsuda929:20160115130114p:plain

1.9のFAカップからはローテーションした5枚交替。 

右SHにはチェンバレンではなくキャンベルをチョイス。
間違いなくキャンベルがファーストチョイスになっている。


(交替)
・ キャンベル → チェンバレン(75分)
ウォルコット → ギブス(76分)
エジル → アルテタ(87分)

■試合経過

とにかく序盤から打ち合い。
10分にフィルミーノが先制弾を決めると、
すぐさま14分にキャンベルのスルーパスラムジーが決めて同点
しかし19分にまたもフィルミーノに決められて勝ち越しを許す。
それでも、25分に今度はCKからジルーがスラしてまたもや同点

後半に入っても変わらずの展開だったが、
55分にジルーがエリア中央で反転してシュート。これで勝ち越し。

しかし最後の最後、90分にベンテケが頭で落としたボールをアレンが
蹴り込み三度同点。

そのまま同点のまま試合終了。

■戦評:無駄に失点し、無駄に守備的になって追いつかれてのドロー

よく言えばリバプール相手に先制されるも激しい打ち合いの末、
勝ち点1を取った。となるのだろうが、
いやー、これは勝ち切らないと。
リバプールは確かによく走ってたけど、決して良くなかった。
もっとセンターバックに突っかけたらなんかおこったと思うけどね。

先制点はウォルコットの自陣からのドリブルミスが絡んでるし、
完全に交替策が裏目に出た。
チェンバレン、ギブスのいれて攻撃の手段を失って、
エジル代えて、カウンターも捨てた。
いい加減に試合のクロージングを覚えないと。
正直ギブスを中盤に入れて守備力が増したと思ったことがないし、
どちらかというと中盤の連携が落ちているとしか思えない。

今のベンチメンバーではほかに手がないともいえるが、
流れが決して悪くないのに2枚替えで連携悪くするとかは避けないと。

優勝するならこういうところ大事だよ、ホント。

それでもまだ首位。前向きに行こうか。

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする