読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS チェルシー】 モウリーニョいなくてもD・コスタ健在。サンチェス復帰も…

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.1.24
アーセナル(H) 0 - 1 チェルシーエミレーツ・スタジアム


【得点】
23’ 0 - 1 ディエゴ・コスタ


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160125141133p:plain

 

エジル復帰。サンチェスベンチ入り。

f:id:tsuda929:20160125141202p:plain


エジルが復帰で1枚交替。
チェンバレン → エジル

サンチェスが久々にベンチ入り。
コンディションが気になるところではあるが名前があるだけで
安心する。でも無理はさせたくないな。

(交替)
・ ジルー → ガブリエル(22分)
・ キャンベル → サンチェス(57分)
ウォルコットチェンバレン(75分)

■試合経過


試合は激しい立ち上がりから一転、18分に事件が。
ウィリアンのスルーパスジエゴ・コスタが抜けて、慌てたメルテザッカー
遅れてスライディング。決定機阻止で1発レッド。

その直後の23分に、D・コスタがニアで合わせてゴール
ここから点を取りにいかなくなったアーセナルだが、
なかなかチャンスを演出できない。

後半サンチェスを投入して打開図る。
終盤はゴール際まで攻め込むも決めきれず
そのまま1-0で試合終了。


■戦評:D・コスタにまたもしてやられてプラン崩れまくり。


モウリーニョ監督退任後、そのまま下位に低迷るのチェルシーとの対戦。
勝利をものにするチャンスだったが、1発退場がそのプランを崩した。

前回対戦で、ガブリエルを退場に追い込んだD・コスタが、
今度はメルテザッカーを退場に追いやった…。
が、これはレッドやむなしのタックルだったので、D・コスタのせいではない。
悔やまれるは、あの時間帯で完全に遅れたスライディングを
敢行したこと。

そして、まずは失点を止めるべく、ジルーをガブリエルに変えた直後に
失点したこと。これでプランはズタズタである。

チェルシーは1人減ったことと先制したことで、なかなか上がってこずに
攻撃はそこまで良いとは思わない。連携もイマイチだし。
しかしこっちの攻撃も、ジルーが不在のためターゲットがおらず、
なかなかシュートまで持ち込めない。

あの時点でジルーをチョイスしたのはしょうがないとしても、
あの失点は防がねばならなかった。
交替前に失点してたら、ジルーではなく、キャンベルかウォルコットだっただろう。
ウォルコットが移籍10周年じゃなかったらウォルコットだったかもね

そして復帰したサンチェス
コンディションはイマイチでした。ボールタッチはずれてるし、パスミスも。
まだまだっての印象づける内容でした。

そして攻撃に転じた時のフラミニ
前線いないので3列目からの飛び出しが大事だったが、
やっぱりシュートの精度はないので、ゴール前で慌てるし、枠に行かない。
未知数ではあるが、もしエルネニーだったらと思ってしまう。
枠内1本じゃどうしようもないね。


ともかくこれで3位転落。
こっから仕切り直しだな。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする