読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ4回戦 アーセナル VS バーンリーFC】 サンチェス・コクラン復帰、エルネニーデビューできっちり勝利。

FAカップ・キャピタルワンカップ

■結果・スタッツ


FAカップ】2016.1.30
アーセナル 2 - 1 バーンリーFCエミレーツ・スタジアム


【得点】
18'  1 - 0 チェンバース
30'  1 - 1 ボークス
53’  2 - 1 サンチェス


【スタッツ】
(不明)※分かる方教えてください。

 


■サンチェス・コクランの復帰戦はエルネニーデビュー戦

f:id:tsuda929:20160201172356j:plain


1.24のチェルシー戦から9枚交替のローテーション。

チェフ → オスピナ
ベジェリン → チェンバース
メルテザッカー → ガブリエル
モンレアル → ギブス
フラミニ → エルネニー
ラムジー → コクラン
キャンベル → イウォビ
エジル → チェンバレン
ウォルコット → サンチェス



(交替)
・ イウォビ → ロシツキー(71分)
・ コクラン → アルテタ(71分)
・ サンチェス → ウォルコット(78分)

■試合経過

前半19分にサンチェスからのパスをチェンバースが
右足アウトにかけた見事なゴールで先制。

しかし前半30分に混戦からワイドにひらいてのクロスを
頭まで合わされて同点。

それでもペースを握り続けて、
後半8分に自陣でのボールカットから高速カウンターで
最後はチェンバレンのクロスをサンチェスがボレーで決めて勝ち越し

その後もほぼペースを奪われることなく試合終了。
終盤には長期怪我で離脱していたロシツキーも復帰した



■戦評:エルネニー、アーセナルデビューで存在感!


がっつりローテーションして挑んだバーンリー戦。
注目は、怪我から復帰のサンチェスとコクラン。そしてデビューとなったエルネニー。

サンチェスは、問題なさそう。
万全とは思わないが、それでも一人別次元のプレーをしていた。

コクランもまだまだ万全ではないけどまずまず。
失点の直前には、まさかのギブスのタックルうけてヒヤッとしたが大丈夫そう。

アーセナルデビューとなったエルネニーは、
中盤をきっちりこなしていた印象。
ボール離れも悪くないし、パス&ムーヴもきっちりやってたので
動き手は悪くないので、慣れてくればもっとよくなりそう。
前評判からあったミドル弾も2本ほど放ち、ゴールにはならなかったが
十分、期待させる精度であった。
プレミアデビューが待たれるところ。

今後は、コクランとエルネニーでボランチ
ラムジー右SH、左SHキャンベルってのあるかな?!

そして、帰ってきたロシツキー
おかえりないである。
もう、何も言うことはない。終盤にあなたがいて、
仕上げのゴールを決めてくれるのを楽しみにしておこう。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ