アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第24節 アーセナル VS サウザンプトン】 エジル無双もGKフォースターに止められまくりでスコアレスドロー

 

■結果・スタッツ

 

プレミアリーグ】2016.2.2
アーセナル(A) 0 - 0 サウザンプトンエミレーツ・スタジアム


【得点】



【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160204194613p:plain

 

 

■サンチェススタメン、コクランベンチから。

 

f:id:tsuda929:20160204194658p:plain

ローテーションした1.30のFAカップから7枚交替。
1.24のチェルシー戦からは、メルテザッカーウォルコット2枚が交替。

カップ戦でスタメン復帰したサンチェスがこの日もスタメン。
コクランはベンチからのスタートとなった。
右SHには、ウォルコットではなくキャンベルが名を連ねた。


(交替)
・ キャンベル → ウォルコット(62分)
フラミニ → コクラン(85分)

■試合経過


前半はお互いチャンスがありながらも決めきれず、
後半はアーセナルが一方的に攻め立てが、
最後の最後でGKフォースターに幾度となく止められ
スコアレスのままドロー。

これで3試合連続無得点、4試合勝ちなし。


■戦評:GKフォースターがアーセナルの前に立ちはだかる。


シュート22本(枠内11本)、ボール支配率67%
なぜこれで点が奪えないのか?!
正直エジルはキレッキレだった。別次元だね。
でも、GKフォースターが決定機をことごとく防いだ
序盤で点を奪えずに完全に乗せてしまった形だ。

にしても怪我人が戻ってきつつある状態での停滞はほんと勿体ない。
交替も効果的とはいえず、疑問が残る。
点が欲しい状態で、そこまで攻められていない状態で、
フラミニに替えてコクランだったのだろうか?
なぜミドル弾を持ってるエルネニーを使わなかったのだろう。

これでまさかのトッテナムにも抜かれて、4位に後退。
1位のレスターとは5ポイント差になった。

今月は、レスターとの直接対決とアウェイでのマンU戦もあるし、
CLではバルサとの戦いが始まるし、ここでやるしかない!

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする