読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS ボーンマス】 エジルのゴールで5試合ぶりの勝利獲得。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.2.7
アーセナル(A) 2 - 0 ボーンマス(セワード)


【得点】
23’ 1 - 0 エジル
24’ 2 - 0 チェンバレン

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160208184355p:plain

 

 

■ 右SHはチェンバレン

f:id:tsuda929:20160208184453p:plain

2.2のサウザンプトン戦から1枚交替。
キャンベル → チェンバレン

CBは引き続きメルテザッカーではなくガブリエル、
ボランチはコクランではなくフラミニが継続して起用されている。



(交替)
チェンバレン → コクラン(67分)
・ サンチェス → ギブス(82分)
・ ジルー → ウォルコット(90分)

 

■試合経過

序盤から双方攻め合いになり、
23分に待望の先制点が生まれる。

ラムジーの浮き球パスにジルーが落として、エジルがボレー。
さらに1分後には、チェンバレンが角度のないところから
精度の高いシュートで一気に2点目。

その後は追加点のチャンスも攻めきれず、
終了間際には危ういシーンもあったがチェフが止めてそのまま試合終了。

5試合ぶりの勝ち点3である!


■戦評:エジルが右足で決めて呪縛から起き放たれる。

4試合勝ちがない状態で嫌な感じだったが、
それをエジルが見事に決めてくれた。
この先制点でずいぶん楽になった。
やはりエジルはキレキレだね。

さらに先制直後のチェンバレンのゴール。
チャンスをものにしたチェンバレンは見事!
正直これ以外は目立ってなかったからこの得点は大きいね。

そしてボランチは、予想に反してボランチフラミニ
てっきりコクラン復帰かと思っていたが。
フラミニはあわやレッドとなる両足タックルとかやってるし、
コクランの穴を埋めてくれてるけど、コクランと比べるとやはり劣る。
次節のレスター戦ではコクランであることを願う。
エルネニーがベンチにもいなかったのは何だろう?情報がないね。


右SHは今日のチェンバレンの得点で、いい感じで競争が生まれれば
さらにレベルが上がるかもしれない。
キャンベルは動きはいいが、決定力というか、最後の部分の精度が
イマイチなので、このあたりを補えあえれば…。

ともかく次節の大一番へ向けて弾みがついた!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ   

 

広告を非表示にする