読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ5回戦 アーセナル VS ハル・シティ】 ローテーション不発で再試合に。

FAカップ・キャピタルワンカップ

■結果・スタッツ

FAカップ】2016.2.20
アーセナル(H) 0 -0 ハル・シティエミレーツ・スタジアム

【得点】

【スタッツ】
(不明)

 

■予想通りローテーション&イウォビTOP下で挑む。

f:id:tsuda929:20160222195142j:plain

 

予想通りローテーション。
メルテザッカーとコシェルニーを除く9枚交代。
私の予想からは、1枚ウェルベックが違った。
そのウェルベックが左SH入り、トップ下はなんとイウォビ
そしてウォルコットは久々にセンターFWで。



(交替)
・ キャンベル → ジルー(67分)
ウェルベック → サンチェス(67分)
・ イウォビ → チェンバレン(73分)

 

■試合経過

試合開始直後からアーセナルペースで進むもゴールを割れない。
後半に入ってもその流れは変わらず、67分には、ジルーとサンチェスを投入し、
73分にはチェンバレンを投入し打開を図る。
何度かゴールに迫るも再三GKヤクポヴィッチの好守阻まれ、
結局スコアレスドロー。再試合となった。

■戦評:攻め続けるもスコアレスドロー

結局点が入らなかった。
スタッツは不明だが、おそらくボール保持率70%ぐらいはあっただろう。
シュートもそこそこうってはいたが、今後の日程を考えると決めておきたかった。

イウォビのトップ下はまずまずといったところか。
悪くはないが、それ以上でもなかったということ。ただこのメンツでTOP下
務めただけですごいことだけどね。
ただなかなかウォルコットにボールが出なかったから、結果がほしい
ウォルコット的には縦へのパスがもっとほしかっただろうね。

2戦目のスタメンとなるエルネニーもそつなくといったところか。
バランスはいいし、ボール奪取しに行く時の獰猛さもある。
あとは、本来の攻撃的な部分を見たい。
前半の縦へのスルーパスとか見事だったけど、
まだ無難なプレーが多い印象。でも今後に期待できるプレーぶりだね。

あと気になるのはサンチェス。
まだ本調子には程遠い。特にシュートの精度がらしくないほど悪い。
GK正面だったり、ホームランだったり。
ここが整ってきたら誰も止められなくなるんだけどね。

ともかくこれで再試合となった。
ローテーション組は、少しでもアピールしていく必要があるので
アピールの場が増えたと思って勝ちきってほしい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ