読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第31節 アーセナル VS 】 シュート19本で、終始ワトフォードを圧倒し4点取って快勝。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.4.2
アーセナル(H) 4 - 0 ワトフォードエミレーツ・スタジアム


【得点】
4’ 1 - 0 サンチェス
38’ 2 - 0 イウォビ
48’ 3 - 0 ベジェリン
90’ 4 - 0 ウォルコット

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160403202537p:plain

 

 

■代表ウィーク明けはベストメンバーで。

 

f:id:tsuda929:20160403202614p:plain

代表ウィーク明けも3.19エヴァートン戦と全く同じスタメン。
この日も、右SHにサンチェスで、左SHにイウォビ。 


(交替)
ウェルベック → ジルー(69分)
・ イウォビ → ウォルコット(74分)
・ サンチェス → キャンベル(79分)


■戦評:理想的な得点で快勝。そしてエルネニーの存在感。

FAカップの借りを返さねばならないこの試合。
完ぺきなゲーム運び。
開始早々5分のサンチェスの得点で、余裕をもって試合を進められ、
前半終了間際の 分のイウォビの得点で2点差に。
後半早々、ベジェリン粘ってからのゴールで、さらに余裕になって、
終了間際に途中出場のキャンベルの折り返しをウォルコットが決めて4点。
時間帯も含めて完璧である。


3週間前の試合も終始あっとしていたけど、ただ点が入らなかっただけ。
点さえ入ってしまえばこんなもんだろう。

にしてもイウォビは輝いているね。
まだまだミスはあるけど、これだけ成長した姿を見せれられれば、
シュートの精度が悪いキャンベルより使いたくなるのもわかる。

そしてエルネニー。
完全に中盤のパス配分役を全うしてくれている。(パス127本はチームトップ
もっとシュートを狙ってもいい気もするが、
そこは徐々に出しているくれるだろう。
カソルラがまだ数週間かかりそうだから貴重な戦力になったね。
カソルラ復帰後も相手によっては、コクランじゃなくてエルネニーもありだね)

※4.5追記 実はパス127本→122本成功は今期のプレミア最多成功数だった
 →詳しくはこちらの記事を
 『エルネニー!今季の”プレミア最多パス成功数”の記録していた』


さあ、トッテナムも引き分けたし、
この後のレスターvsサウザンプトン戦も、何か起きるかもよ?!
(4.4追記 レスター勝っちゃいましたね。想定内です。)

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする