アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第33節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 2点先制もキャロルに撃破され勝ち点落とす。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.4.9
アーセナル(A) 3 - 3 ウェストハム・ユナイテッドアップトン・パーク


【得点】
18’ 1 - 0 エジル
35’ 2 - 0 サンチェス
44’ 2 - 1 キャロル
47’ 2 - 2 キャロル
52’ 2 - 3 キャロル
70’ 3 - 3 コシェルニー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160411201304p:plain

 

 

■4戦連続同じスタメンで挑む。

f:id:tsuda929:20160403202614p:plain

 

3.16のCLバルサ戦から4戦連続同じスタメン。 

ベンチにはラムジーとチェフが復帰。


(交替)
・ コクラン → ラムジー(61分)
・ エルネニー → ジルー(68分)
ウェルベックウォルコット(81分)

 

■戦評:2点先制もキャロルに撃破され勝ち点落とす。

落としてはいけない試合で、2点先制しながら勝ち点2を取りこぼした。 
これは痛すぎる。 
もうこれでレスター優勝が現実的になってきたことだろう。 



にしても空中戦に弱いアーセナル
確かにキャロルは凄かったけど、これだけフリーにやらせたらこうなるよ。
ウエストハムのシュートは19本、内10本をキャロルに打たれているわけで、
そのほとんどが、逆サイドからファーサイドへのクロスで、ベジェリンもしくは
モンレアルがマッチアップしている。
こんな戦い方をしてどうするんだ。
ボールは保持できているんだから、早い攻撃でボールロストするのではなく、
ボールキープして、早いプレスでボールを運ばせない戦術をとるべきだろう。
それをオープンな展開にして、簡単にクロスを入れられて、、、
※キャロル先発は予想してなかったとはいえ、途中出場は考えられたわけで
 それを対策出来てないなんてさすがにない。

2点取ったところまでは完ぺきだった。
イウォビの2本アシストはほんとに見事だった。
けど1失点目はそのイウォビのミスからの失ったボールでとられたんだよね。
結果的にはこの1点で元気を与えてしまったわけだから、ほんとに痛かった。


さて、優勝戦線はこれでだれがどう見てもレスターが俄然有利になった。
が、ガナーズファンとしてはまだあきらめるわけにはいかない。

ちょっと振り返ってみると、、、
3/19の第31節エバートン戦を前にして、シミュレーションしてみたわけだ。

アーセナル 残り9試合を 7勝1分1敗、
レスター 残り8試合を 3勝2分3敗
と対戦相手を考えたうえで予想してみた。(これで勝ち点で並ぶ)

あれから3節が終わって、
アーセナル 2勝1分け
レスター 3勝

どうだ!まだ想定内だろ!
まだ可能性はある!あきらめるな!あきらめないぞ!

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする