読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第34節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 完全に優勝争いから脱落。勝ちきれないいつものアーセナル。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.4.17
アーセナル(H) 1 - 1 クリスタル・パレスエミレーツ・スタジアム


【得点】
45’ 1 - 0 サンチェス
81’ 1 - 1 ボラジー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160418190512p:plain

 

■守護神チェフの復帰

f:id:tsuda929:20160418190818p:plain

4.9ウエストハム戦からチェフが復帰。
オスピナ → チェフ
われらが守護神が帰ってきました。
メルテザッカーがスタメンとの予想もあったが、
チェフ以外は5戦連続同じメンバー。


(交替)
ウェルベック → ジルー(75分)
・ イウォビ → ラムジー(75分)
・ エルネニー → ウォルコット(84分)


■戦評:支配すれども決定機を作り出せず、カウンターで敗戦。

レスターが不可解な判定の連続で引き分けたあとの大事な試合。
ボール保有率72%で、シュート21本放ち、圧倒的に試合を支配していた。
にもかかわらず、終了間際にゴラッソ決められ、ドロー。
勝ち点2を落とし、優勝戦線から脱落した。

しかしスタッツとは程遠い出来であった。
ファイナルサードでのアイデアにかけ、サイドバックがえぐるケースは
ほとんど見られなかった。
こうなるとエジル→サンチェスだよりだ。
実際これで先制点を挙げてるから、やはりすごい二人なのだが。

イウォビが彗星のごとく現れて、実際アシストもゴールも決めてるから
凄い存在になってはいるのだが、ことサイドバックとの連携を見てみると
左サイドでのサンチェスとモンレアル、右サイドのラムジーとベジェリンの
ほうが遥かに連携していた。

確かに惜しいシーンは何度か作ったが、決めきれていない。
毎度ながら引いた相手にミドル打たないから余計にスペース消される。
(エルネニーあたりにもっと打てる場面を作ってもいいだろう。)

そして、いつものカウンターでゴラッソ決められる。
何度も見た形で、勝ち点2を落とす。
さすがのポジティブガナーズでもさすがに…

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする