読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第30節 アーセナル VS ウェスト・ブロム】 珍しいミドル弾で先制し、快勝。3位死守。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.4.22
アーセナル(H) 2 - 0 ウェスト・ブロム(エミレーツ・スタジアム


【得点】
  6’ 1 - 0 サンチェス
38’ 2 - 0 サンチェス

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160422194924p:plain

 

 

■失意のパレス戦から3枚替え。ラムジーとエルネニーが初コンビ。

f:id:tsuda929:20160422195335p:plain


4.17失意のクリスタルパレス戦から3枚交代。
ガブリエル → メルテザッカー
コクラン → ラムジー
ウェルベック → ジルー


(交替)
・ イウォビ → コクラン(82分)
エジル → キャンベル(86分)
・ サンチェス → ウォルコット(86分)

 

 

■戦評:あっさり先制。サンチェス無双で快勝。

勝ちきれない試合が続き、ついに優勝戦線から脱落したが、 
CL圏内の4位死守にはまだまだ予断を許さない状況。 

そんな中で守備の堅いWBAとの対戦で嫌な感じもしたが、 
サンチェスが開始早々6分にミドル弾を決めて、楽な展開になった。 

実はこのシュート、、、
今シーズンのミドルシュートでのゴールとしてはわずか3点目らしい。

最新の情報ではないが、3/19の時点で、今シーズンのリーグ戦で、
PA外から放ったシュートでのゴールは、わずか2点だけだったのだ。
しかも枠を捉えた数自体もわずか25回とリーグ単独最下位。

ちなみに宿敵トッテナムは、ケインを筆頭に
枠内ミドルシュートが73回、得点は10点もあげている。
もしアーセナルにミドル弾があればと思わずにはいられない。
エルネニーに期待するしかないな。


試合としては、セットプレー以外チャンスを作らせなかったので、
快勝と言っていいだろう。
ラムジーとエルネニーの中盤コンビは、評価しずらい展開だった。
(攻撃的な相手と対したときには心配すぎる)

あと終盤に久々出場のキャンベルはよかった
連携にまだまだ課題があるイウォビよりはパフォーマンスはよかった。
ウォルコットは…)

ともかく久々に快勝!
3位・4位争いと言われているが、トッテナムに上に行かれるのは嫌だ。
が、残り4試合、5ポイント差と条件は厳しい。
CLが残っているシティに負けて4位に落ちる場合ではない。
さあ、上を見よ!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする