読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第35節 アーセナル VS サンダーランド】 スコアレスドローでマンCに追いつけず4位へ後退。唯一の光明はウィルシャーの復帰。

プレミアリーグ

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.4.25
アーセナル 0 - 0 サンダーランドスタジアム・オブ・ライト


【得点】

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160425191749p:plain

 

 

■中2日もスタメンいじらず。

f:id:tsuda929:20160422195335p:plain

4.21のウエストブロムから中2日のこの試合、
メンバー変更なし。ヴェンゲルさんにありがちな勝ったら続けるモードです。
ヴェンゲルさん曰く、ヨーロッパでは中2日では結果は悪くないって
ことらしいけど、どうなんだろう…。
前節よかったキャンベルとか使えばいいのに


(交替)
・ イウォビ → ウォルコット(71分)
・ ジルー → ウェルベック(71分)
エジルウィルシャー(84分)

■戦評:ボールを保持するも、中2日の影響で終盤運動量が落ちる。


序盤はチャンスをつかむも決めきれない展開で、
全はいにお互いPAエリア内でハンドがあったが、主審マイクディーンは取らず。
スコアレスで迎えた後半は、足が止まり徐々にサンダーランドにチャンスを与える
終盤決定的なチャンスをイウォビが外すと、そのままノーチャンスで
スコアレスドロー。実にしょっぱい試合だった。
相性が悪いサンダーランドとはいえ、下位相手にまたもや取りこぼし。
ポゼッション70:30で圧倒していたが、攻撃のバリエーションが少なく、
サイドバックの抜け出しも少なかった。
もうこうなると得点力不足は深刻である。

中盤ではラムジーが何度もボールロストでピンチを作ってしまってたし、
得点から見放されているジルーはこの日も得点のにおいはしなかった。

そして途中出場の、ウェルベックウォルコットはまったく機能しなかった。
ただしこれは完全にチーム全体の運動量が落ちた後での投入
この時点でチーム不善を起こしていたのでしかたがないところ。

果たして、中2日で、優勝戦線から離脱した固定メンバーに
モチベーションがあったのだろうか?
それよりもスタメン奪取に燃えるキャンベルあたりを起用したほうが
モチベーション高く挑めたのではないか?!

これでマンCを抜けずに得失点で4位となった。
残り3節。37節のマンCとの直接対決が熱くなりそうだ!
得失点では差があるので、勝つしかない! 

それまでに自ら落ちていかないことを祈るしかない。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ