読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第36節 アーセナル VS ノリッジ】 ウェルベック弾で競り勝つも攻め手に欠いたしょっぱい試合。

プレミアリーグ

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016.5.1
アーセナル(H) 1 - 0 ノリッジエミレーツ・スタジアム


【得点】
59’ 1 - 0 ウェルベック

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160502192559p:plain

 

 

カソルラベンチ入りも同じスタメン。

f:id:tsuda929:20160502192647p:plain

3戦連続同じスタメン。
大きな変化はカソルラがベンチ入りしたこと。
11月のけがから実に5か月ぶりのベンチ入りである。



(交替)
メルテザッカー → ガブリエル(51分)
・ イウォビ → ウェルベック(56分)
・ サンチェス → コクラン(84分)


■戦評:かろうじて勝ったがしょっぱい試合。

一部のファンが前後半の12分にメッセージを掲げるという異様な試合。
それ受けて奮起して熱く戦うのかと思いきや、慎重というか緩い入り。
ただ正直メッセージを掲げているのは一部という印象。

特に前半枠内シュート0本。
これではどうにもならないね。
後半何とか1点取って勝利したけど、スタッツ見ても、
シュート14本(枠内3本)はノリッジの12本(枠内3本)
ポゼッションが69%あってなぜこうなるのか?!
モチベーション的には難しいのはわかるが、正直しょっぱい試合であった。

ほんとに最近サイドバックとの連携が希薄な気がする。
ひかれた相手にミドル放たないからガッツリ固められて、
空中戦も挑まないから相手からしたらわかりやすいんだろうね。
こうなると、エジルとサンチェス頼りしかないし。

ともかくこれで3位。CLストレートイン圏内。
次節のマンC戦で負けでもしたら得失点で上回られるから
この直接対決は勝って3位以内を確定させたいところ。

あと、ヴェンゲル解任報道については、信じていない。信じたくない。
19年の貢献を考えると、ここでの退任は崩壊を意味するだろう。
マンUの失敗を教訓にきっちり準備を整えてからだろう。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ