読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ2015-16シーズン】 今シーズンのアーセナルを分析してみた ~勝利貢献度編~

まずは最終成績をおさらい。

今シーズンのプレミア最終順位と順位推移はこちら↓

arsenal2014.hatenablog.com

 

 

今シーズンのアーセナル:勝率52.6% 負率18.4%

20勝 11分 7敗 勝点71 得失点+29 【2位】

f:id:tsuda929:20160606200309p:plain

 

 

今シーズンもっとも勝利へ貢献したのは、カソルラ

▼主な選手のスタメン数及びそれぞれの勝率をまとめてみた

f:id:tsuda929:20160606200517p:plain

 

こうしてみるとこの2人の勝率が際立っている

f:id:tsuda929:20160606200859p:plain

途中離脱で存在の大きさを通関させられたカソルラは貢献度が高い

そして終盤スタメンを勝ち取った若者、イウォビ

 

そして注目すべきはこちらも↓

f:id:tsuda929:20160606200935p:plain

負けない2人。

エルネニーは1月加入で3月に入ってスタメンに名を連ねると、

その後、負けなくなった。イウォビもほぼ同時期にスタメンを

勝ち取ったから同じような数字になっている。

※ただ引き分け率も高い…

これは終盤に勝ちきれなくなったという事実があるから

一概にいい数字とはいえない。

 

結局いろいろなメディアで言われている通り

カソルラの離脱がタイトルを逃した要因ということだろう。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ   

 

広告を非表示にする