アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ1 アーセナル VS リヴァプール】 壮絶な打ち合いとなったリヴァプールとの開幕戦。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/8/14(日)
アーセナル(H) 3-4 リヴァプール


【得点】
31’ 1 - 0 ウォルコット
45’ 1 - 1 コウチーニョ
49’ 1 - 2 ララーナ
56’ 1 - 3 コウチーニョ
63’ 1 - 4 マネ
64’ 2 - 4 チェンバレン
75’ 3 - 4 チェンバース

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160815041917p:plain

 



■いろいろかけた開幕戦

エジル、ジルー、ウェルベックがいない攻撃陣
メルテザッカー、コシェルニーがいない守備陣
ヴェンゲル監督が選んだのはこのメンバー。

f:id:tsuda929:20160815042049j:plain

CBはチェンバースと新加入のホールディングの若手コンビ。
それを埋めるべくボランチは、コクランとエルネニーのコンビ。
ウォルコットは、サイド専念の言葉通り右サイドに入り、
FWにサンチェスが入った。

(交替)
・ イウォビ → チェンバレン(59分)
ラムジーカソルラ(61分)
・ エルネニー → ジャカ(67分)


■戦評:

リヴァプールとは打ち合いになる」「開幕戦に弱い」、、、
そんなデータそのままの試合に。
ウォルコットがPK外した直後に難しいシュートを決めるという
ウォルコット劇場をしたまではよかったが、大事な前半終了間際に
コウチーニョにFKを決められてしまい流れを取り戻される。
後半もそのまま勢いに乗られて、次々に失点。
不安な守備陣が崩壊した。

しかもイウォビ、ラムジーが怪我で交代。

 

その交代で入ったチェンバレンカソルラが流れを変える。
そしてチェンバレンが違いを見せつけ、守備でイマイチな
チェンバースが頭で決めて1点差に詰め寄るが、1点届かず。
67分にはジャカがプレミアデビューするもインパクトは残せず。



結果としては3点とったものの、攻撃の形はいいものではなかった。
エルネニー、コクランからなかなか前に出せずに、
サンチェスに効果的なパスは出せなかった。
後半カソルラが入ってからリズムが出始めたが、
ウォルコットが消える時間があったし、うまく機能していなかった。

 

開幕戦に苦戦するのは予想はしていたが、
攻撃の形ができていなかったことが不安である。
そんな2016-17シーズンの開幕。
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする