読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ2 アーセナル VS レスター・シティ】 昨シーズンの1位2位で開幕戦落とした対決はドロー

■結果・スタッツ


プレミアリーグ】2016/8/20(土)
アーセナル(A) 0 - 0 レスター・シティ


【得点】


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160822125738p:plain

 

 

■コシェルニー緊急起用&ジャカ初スタメン。

 

 

f:id:tsuda929:20160822125814j:plain


8.15開幕戦から4枚交代
負傷のイウォビ、ラムジーに替わって、チェンバレンカソルラが。
エルネニーに替わって、ジャカが初スタメン。
チェンバースに替わって、CB緊急事態につき、
チーム合流間もないコシェルニーをやむなく起用。
同じく合流が遅かったエジルとジルーはベンチ入り。


(交替)
・ ジャカ → ウィルシャー(73分)
カソルラエジル(73分)
チェンバレン → ジルー(78分)

■戦評:攻撃の創造性に乏しくスコアレスドロー

昨シーズンの1位2位で開幕戦落とした両チームの対決はドロー。
レスターは岡﨑が初スタメンで、昨シーズンとの違い「カンテ」不在だった。
一方我がアーセナルは、コシェルニーが戻ったといえ、
コンビを組むのは若い新加入のホールディング。
前線も、ジルー不在で、今節もサンチェスがFWを務める。
ある程度ボールは持てるので、ペースは掴んでいたが、
攻撃のリズムや創造性は欠けており、サンチェスとチェンベレン
個人技に頼らざるをえない展開。
前半はレスターにシュート打たせなかったから危うい場面はなかったが、
こちらも枠内に飛んだのはカソルラのミドル1本のみ。
後半に入ってややオープンな展開になって、
エジルウィルシャーを投入して、連動性がうまれて、
サンチェス、エジルのホットラインも動き出した。
しかし、得点に至ることなくスコアレスで試合終了。
終盤危うい場面もあったから、負けなくてよかったというところか。
 
ジャカはこれまでアーセナルにない力強いパスができるので、
期待はできそうだが、まだまだパスが集約されるわけでもなく
コクランとのコンビもまだまだだった。
 

コシェルニーのおかげで守備はだいぶ落ち着いたので良しとするが、
次節ワトフォード戦で初勝利が絶対である。
 
 
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする