アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第3節 アーセナル VS ワトフォード】 サンチェス、エジルホットライン発動で快勝!


■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/8/27(土)
アーセナル(A) 3 - 1 ワトフォード


【得点】 (分) (得点者)
9’ 0 - 1 カソルラ
40’ 0 - 2 サンチェス
45’ 0 - 3 エジル
57’ 1 - 3 ペレイラ
 

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160829124706p:plain

 ■エジル今シーズンスタメン!

f:id:tsuda929:20160829124752j:plain


エジルがトップ下に入って、カソルラが2列目に降りる形で
ジャカとコンビを組む。
ジルーは今節もベンチとなった。



(交替)
エジルウィルシャー(70分)
チェンバレン → エルネニー(70分)
モンレアル → ギブス(74分)

 

選手交代後はこんな並び↓

f:id:tsuda929:20160829124812j:plain

 

■戦評:前半と後半で別チームに?!


今シーズンの初勝利である。
しかし前半と後半で全く別のゲームになった。
スタッツにも有るシュート10本(枠内7本)だが、7本(枠内6本)が前半、
後半はたったのシュート3本(枠内1本)であった。

前半は実に理想的な展開。
前半10分にエジルからのクロスにサンチェスへピンポイントクロスが出ると、
DFがエルボーでサンチェスを止めて、これがPK!
それを、ウォルコットじゃなくて、安心のカソルラが真ん中に決めて先制!

40分には早い攻めから、ウォルコットのグラウンダーのクロスに
またサンチェスが難しいバウンドを無理やり合わせて、
それがゴールに吸い込まれて2点目


さらに前半終了間際に、猛然と上がってきたエジルを見逃さず
サンチェスがクロス。これをエジルが頭で決めて3点目。


もう見事としか言いようが無い展開で前半を終えた。

で、後半は3点とって安心したのか、エネルギーが切れたのか
全くの別チーム状態で、3点あるのにオープンな展開に流れ込んで、
1点返されるし、慌ててウィルシャーとエルネニー入れて
流れ変えようとしたけど、あまり変わらず。

それでも前半の3店の貯金があれば十分で、3-1で快勝!

とにかく、サンチェスとエジルエジルが居ないとサンチェスが目立たないが、
エジルがいるだけど、サンチェスがイキイキしている。
やっぱりこの2人次元が違う。

そして、ジャカの存在感が試合ごとに増している。
左足で強いパスが出せるので、展開が早く、ロングパスも行けるし、
スタメン2試合目にしてチーム最多の61本のパスを成功させている。

 


来週は代表ウィークで、9/10(土)サウザンプトン戦である。
マンC、マンUチェルシーが好調なので、きっちり勝っとこう。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする