読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第5節 アーセナル VS ハル・シティ】 4発快勝。ジャカの豪快ミドル弾炸裂!

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/9/17(土)
アーセナル(A) 4-1 ハル・シティ


【得点】
17’ 1 - 0 サンチェス 
55’ 2 - 0 ウォルコット
79’ 2 - 1 スノドグラス
83’ 3 - 1 サンチェス
92’ 4 - 1 ジャカ


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160919011507p:plain

 ■CLから2枚のみの交代。ジャカはベンチスタート

9.13のCLパリ戦から2枚交代。
オスピナ→チェフ
チェンバレンウォルコット
予想されたジャカ、ペレスはベンチスタート
CLでも機能しなかったFWサンチェスを継続
いつもながらミッドウィークがあってもあまり
スタメンをいじらないヴェンゲル采配でハルに挑む。


(交替)
カソルラ → ジャカ(67分)
・ イウォビ → エルネニー(77分)
ウォルコット → ペレス(88分)

■戦評:4発快勝も若干守備に不安を残す

 相手の退場もあって4-1と快勝。
ただし守備には相変わらずの不安を残した。

攻撃陣は中盤である程度自由にボールを持たせてくれたので
前線も活性化し、サンチェスが降りてきても前線に動きがあって
守備を攪乱し、決定機作れていた。

公式記録はサンチェスのゴールとなった先制弾も
ほとんどイウォビのゴールだし、
ウォルコットのゴールもイウォビとの見事なワンツーから。


一方守備は、相変わらずサイドバックの裏を使われ、
ムスタフィのオフサイド取り損ないとか
イウォビの守備の緩さなどまだまだ連携の甘さが見られ
なん度かピンチを招き、チェフのファウルでPKを与えるなど
まだまだ課題山積といったところ。

終盤選手交代で、守備的ミッドフィルダーを3枚置く布陣。
コクランを真ん中に、その左右にジャカとエルネニーを。
(もしかするとエルネニーが1列前だったかもしれないが・・・)
相手が10人でその効力は計り知れなかいけど、
これまでの、サイドバック2枚よりも効果がありそう。


そして、アディショナルタイムに豪快に決めたのはジャカ。
スタメンには入れなかった鬱憤の晴らすようなミドルでヴェンゲルへアピール。



次節は、ホームでチェルシー戦だ!ここは勝っておきたい!!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする