読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第6節 アーセナル VS チェルシー】 呪縛を解き放つ3発快勝。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/9/24(土)
アーセナル(H) 3-0 チェルシー


【得点】
11’ 1 - 0 サンチェス
14’ 2 - 0 ウォルコット
40’ 3 - 0 エジル

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20160926123626p:plain

 ■現時点のファーストチョイスメンバー。

 

f:id:tsuda929:20160926123714j:plain


因縁深きチェルシーとのビッグロンドンダービーは、5節のハル戦と同じスタメン。
28日のCLバーゼル戦を控えて、かつEFL3回戦の出来を見て、
ジャカやジルーを使うとか、多少いじってくるかと思いきや、変えなかった。


(交替)
・ コクラン → ジャカ(32分)
・ イウォビ → ギブス(69分)
・ サンチェス → ジルー(79分)

■戦評:前半3発で勝負有り。

チェルシー相手に快勝!!
もう前半の3点で試合を決めてしまった。
チェルシー相手に、Dコスタがいるチェルシー相手に快勝!!
スタッツ見ても完璧だけど、前半のスタッツは
Arsenal:ショート10本(枠内4本)
CHELSEA:シート4本(枠内0本)
と、ほぼ何もさせなかった。

2点目なんて、エジル→イウォビ→ベジェリン→ウォルコット
と今シーズンBESTな見事な連携。


3点目は、エジルとサンチェス2人で崩したハイレベルな得点。

守備陣では、これまでやや不安の残っていたムスタフィが
コスタを完全に押さえ込んだし、申し分ない。
後半はやや抑えてたので何度か裏取られたけど、問題なし。

心配なのはコクランの怪我だけ。


同じ箇所だというから心配だけど、今やジャカ、エルネニーもいるから
戦力としてはそれほど問題ではないだろう。

にしても、リーグ戦でチェルシー相手に5年ぶりの勝利。
あぁ、こんなに気持ちがいい価値も久しぶりだ。
これで呪縛を振り払ったぞー。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする