読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第8節 アーセナル VS スウォンジー・シティ】 ジャカ退場もPL6連勝で勝ち点で首位マンCに並ぶ。

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/10/15(土)
アーセナル(H) 3-2 スウォンジー・シティ


【得点】
27’ 1 - 0 ウォルコット
33’ 2 - 0 ウォルコット 
38’ 2 - 1 シグルドゥソン
57’ 3 - 1 エジル
66’ 3 - 2 バストン

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161017194641p:plain

 

■いつものメンバーで6連勝を狙う。

 

f:id:tsuda929:20161017194720j:plain


5連勝中のガナーズは10.2バーンリー戦と同じメンバー。
怪我明けでコクランがベンチ入りも、スタメンはジャカ。
代表ウィーク明けで疲労が溜まってるメンバーも居るが、
予想通りのいつものメンバー。



(交替)
・ イウォビ → コクラン(68分)
・ サンチェス → チェンバレン(82分)
エジル → ギブス(82分)

■戦評:0トップ機能しまくりで破壊力満点もジャカ劇場。

ジャカの退場で後半残り20分が苦しくなったが、
得点の割に一度も追いつかれてないから余裕のある展開。

この試合は、コクランが復帰したけどジャカを起用した
ある意味ジャカとコクランのファーストチョイスを争う戦い。
ジャカにとっては、怪我で離脱している間に確保したポジションを
奪われないためにアピールが必要な試合だった。

それが空回りしたのか、最初の失点もジャカのミスから。
そして極めつけは、70分のレッドカード。
完全に抜かれて、思わず足にタックル。

レッドは厳しいかもしれないが、明らかに故意のタックスで
レッドに値しても文句は言えないファウル。 

アピールしなければならない試合で、ミスしたどころか、
次節は出場停止だろうし、やすやすとコクランに返してしまう結果に。

 

ちょっと心配なのがモンレアル
この日もなんども1対1で抜かれてしまっていて、
あの堅実な守備が鳴りを潜めている。大事な一線でやらかさねばいいが…。




一方攻撃に関してはサンチェスの0トップが完全にフィットしてきて、
ウォルコット覚醒しまくりの2得点


終盤ハットトリックのチャンスが2回あったけど、
あれを外すのもウォルコットクオリティか?!

そしてワールドクラスホットラインのサンチェス→エジル


ボレーで決めるエジル。最高です!!


ということで、順位表を見ると…

f:id:tsuda929:20161017194704j:plain


勝ち点19でシティに並び、得失点差で2位。
リバプールが月曜試合なので並ぶ可能性もあり)
開幕2節終わって勝ち点1だったときはどうなるのかと心配したが、
早くもこの時点で首位に並べた。これは素晴らしい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする