アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CLGroup第3節 アーセナル VS ルドゴレツ】 エジルハットトリックを含む6発快勝。

■結果・スタッツ アーセナル(H) 6-0 ルドゴレツ


【CL】2016/10/19
アーセナル(H) 6-0 ルドゴレツ


【得点】
12’ 1 - 0 サンチェス
42’ 2 - 0 ウォルコット
46’ 3 - 0 チェンバレン
56’ 4 - 0 エジル
83’ 5 - 0 エジル  
87’ 6 - 0 エジル

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161020064729p:plain

 

■若干のローテーションでブルガリアの強豪ルドゴレツに挑む

f:id:tsuda929:20161020065029j:plain


10.15スウォンジー戦から4枚交代
GKはこれまで同様オスピナ
左MFにチェンバレン、左SBにギブスを起用。
ボランチには怪我から復帰のコクラン。

ヴェンゲルには珍しく少しローテーション。
モンレアルが前節あまり良くなかったのでいいタイミング。


(交替)
カソルラ → エルネニー(57分)
ウォルコット → ペレス(62分)
・ サンチェス → イウォビ(73分)

■戦評:42分のウォルコットのゴールで勝負有り。

終わってみれば6-0の快勝だったが、前半はきわどい場面もあった。
サンチェスの技ありループで先制して得点ラッシュかと思いきや
逆にチャンスを与え、危ない場面も何度かあった前半。


それで42分のウォルコットのミドルで勝負有り。


後半早々チェンバレンも決めた

後は、
エジルショーに。見事なボレー2本を含むハットトリック


後半は殆どピンチもなく、危なげなく快勝!


前線スタメン4名が、それぞれ得点とか、
実にアーセナルらしい点の取り方。
終盤出場のペレスもエジルへ2アシストで結果を残したし、


グループリーグ首位通過に向けて順調な結果。

またこの試合、快勝にも関わらずボールポゼッションが44%
アーセナルのサッカーがショートカウンター中心に変わり
ポゼッションが最優先ではなくなったのを如実に表している。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする