読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第9節 アーセナル VS ミドルスブラ】 カソルラ不在で攻守ともに精細欠きドロー

プレミアリーグ

■結果・スタッツ


プレミアリーグ】2016/10/22(土)
アーセナル(H) 0-0 ミドルスブラ


【得点】


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161024123602p:plain

 

■CLから4枚交代でカソルラ抜きでの戦い

 

f:id:tsuda929:20161024123626j:plain

10.19のCLから4枚交代。
オスピナ→チェフ
ギブス→モンレアル
カソルラ→エルネニー
チェンバレン→イウォビ
カソルラ以外ファーストチョイスのメンダーだが、
カソルラは怪我の影響でメンバー外


(交替)
・ イウォビ → ペレス(67分)
・ エルネニー → チェンバレン(74分)


■戦評:カソルラ不在が響きスコアレスドロー

リーグ戦6連勝中だったが、CLで軽傷のカソルラがベンチ外。
開幕節、第2節でカソルラ落ちで1分1敗なので不安だったが、
その不安が現実のものとなってしまった。
75%のボール保持率はあったが、支配は出来ておらずミドルスブラにも
カウンターを何度もくらい、あわやというシーンを何度も作られてしまった。
1対1を3度も止めてくれたチェフが居てよかったというべきであろう。



あれだけ機能していた0TOPが機能しない。
確かにスペースを埋められて、サイドを崩せないから難しい展開となっていた。
そしてジルーの不在で高さがないから、チャンスがなかなか作れない。

終盤なんどか決定機もあったが、決め切れず。
結局スコアレスドロー

攻守ともにカソルラ不在が顕著に現れた結果。
昨シーズンの終盤カソルラ不在で一気に失速したわけだし、
代わりは居ないのだが、なんとかプランBを用意しておかないと…

エルネニーも個人的には好きだし、悪くはないし、
パスも安定しているし守備もできるが、
いかんせん創造性がカソルラに比べると足りない。
パスも確実だが、意外性がない。




にしても、マンCもトッテナムもドローで助かった。
これで見事に混戦状態に突入だな。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ