アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第10節 アーセナル VS サンダーランド】 追いつかれるもジルーの帰還で突き放し快勝!

■結果・スタッツ


プレミアリーグ】2016/10/29(土)
アーセナル(A) 4-1 サンダーランド


【得点】
19’ 1 - 0 サンチェス  
65’ 1 - 1 デフォー
71’ 2 - 1 ジルー
76’ 3 - 1 ジルー 
78’ 4 - 1 サンチェス

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161101101904p:plain

 

 

ウォルコットモンレアルベンチ外でカソルラも間に合わず。

 

f:id:tsuda929:20161101101918j:plain


10.22のミドルスブラ戦から2枚交代。
ウォルコットモンレアルに変わって、チェンバレンとギブスが入る。
チェンバレンはカップ戦で結果を出したばかりでここでチェンスをものにしたいところ。
そして開幕節以来の復帰ラムジーがベンチ入り。





(交替)
・ イウォビ → ジルー(69分)
チェンバレンラムジー(77分)
・ コクラン → ナイルズ(89分)

■戦評:帰ってきた男ジルー劇場で快勝。

一時は同点に追いつかれたものの危なげなく快勝。
終盤は、出遅れた男ジルー劇場で、69分に投入されると
71分のファーストタッチでボレーで決めて、
さらず76分にセカンドタッチで頭で決めた!
ついに遅れてきた男の帰還である。



前節、コクランとエルネニーのボランチコンビが機能せず
攻撃不全に陥ったものの、この日は速い攻撃が健在で
相手に主導権を与えることはなく安心してみていられた。

先制点は、右サイドバックのギブスのアシストだし、


サブ組がきっちりと役割を果たしてくれる。
とてもいい感じのチームである。

チェンバレンが若干空回りしていたのと、
イウォビ君が疲れが溜まっているのか動きに精彩を
欠いていたのが気にはなるが、
怪我のラムジーが戻ってきたし、
ウォルコットも軽傷だし、ジャカの出場停止もあけるし
流れとしては悪くない。

あとはFWジルーをどう使うか。
ここまで0トップサンチェスが上手く行っているから、
簡単に変えれないところだから、しばらくは途中交代でのオプションになるだろう。
それでも必ずジルーのチカラが必要なときが訪れるはずなので、
それまではジルーのモチベーションとコンディションを落とさないように
上手く使ってほしいものだ。

さぁ、ミッドウィークは、CLアウェイでのルドゴレツ 戦。
首位通過に向けてきっちり勝ち点を獲得しよう!

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする