読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CLGroup第4節 アーセナル VS ルドゴレツ】 2失点で苦しむも、なんとかゴールをこじ開けて勝ち点3ゲット

チャンピオンズリーグ

■結果・スタッツ アーセナル(A) 3-2 ルドゴレツ


【CL】2016/11/1
アーセナル(A) 3-2 ルドゴレツ

【得点】
12’ 0 - 1 カフー
15’ 0 - 2 ケセル
20’ 1 - 2 ジャカ
42’ 2 - 2 ジルー
87’ 3 - 2 エジル

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161102181422p:plain

 

■帰ってきた男ジルー&ラムジー&ジェンキンソンが揃ってスタメン

f:id:tsuda929:20161102181523p:plain


10.19ホームでのルドゴレツ戦から4枚交代。
FWに帰ってきた男ジルーが入って、サンチェスが左MF
右MFにこちらも怪我明けのラムジーが入って、
ボランチは、公式戦5試合ぶりのジャカ
そして、ベジェリンには休養が与えられ、
ローンから帰ってきた男ジェンキンソンが右CBへ。


(交替)
ラムジーチェンバレン(75分)
・ ジャカ → エルネニー(87分)

■戦評:まさかの2失点から、3得点で逆転勝利。



首位通過に向けて勝ち点3が欲しいこの一線。
まさかの12分、15分の連続失点。 2回のピンチで2失点。。。
ホームでの6点取ったイメージ、PL次節のトッテナム戦が影響したか?!

この嫌な流れを変えてくれたのが、20分のジャカの得点。
自信初のPA内からのシュートでのゴールで、なんとか希望が見えてきた。
そして42分、ラムジーからのピンポイントクロスをジルーが合わせて同点!

同点で前半を終えたことで、逆に安心したのか、
なかなかエンジンの掛からない後半。。。
地溝でボールをロストしては、ルドゴレツにチャンスを与えてヒヤヒヤする展開。

チェンバレン投入も効果が出ずに、引き分けが近づいた87分。
ジルーの守備でボールを奪うと、途中交代で入ったばかりのエルネニーが
裏に出すと、エジルが抜け出し、おしゃれフェイントで、
GKとDF2人を交わして、無人のゴールへシュート。
あの場面でおしゃれすぎるよエジルさん。



見事な逆転劇で貴重な貴重な勝ち点3をものにした!

これまで結果が出ていたのは、0トップで、ジルーが戻ってどうなるかと思ったけど、
はやりこれまでに比べると流動性が少なくなり、結果遅効が目立った
そうなると大きいのはカソルラの不在で、
サンチェス、エジルカソルラでのショートパスから相手を動かし、
スキを見つける動きが全く無いので、どうしても単発になりがちで、
守備に引っかかることが多い。
さらにウォルコットではなくラムジー
ベジェリンではなくジェンキンソンだった右サイド。
明らかにスピード不足で、縦に速い攻撃はほとんど見せられなかった。

それでも、勝ち点3は勝ち点3。
パリサンジェルマンも終盤の勝ち越しゴールで勝っていただけに
貴重な勝利となったのは間違いないだろう。


 
 
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ